今年、11期生の技能実習生を
2名とろうと決めたのは、
彼らが3年生になるころに
現在派遣しているスタッフの立崎が
農園に戻ってくるからだった。

実は5期生も2名とったことがあった。
少しでも卒業生を増やし
インドネシアの農業・農村のリーダーにと
思ってのことだったが
経費が嵩んでしまうことと
人数が増える分、卒業研究などの
重要な研究の指導しきれないことがあり
6期生からはやはり1名ずつとなった。

それが立崎が戻れば
それだけインドネシア語で指導できる人材が増え
研修や勉強だけでなく、日常の作業でも
上手く回っていくのではないかという
期待があり、
11期生から2名と決めた。

また、これは人材確保の視点から
研修が終了して、彼らが農村に戻った時に
リーダーとなる優秀な人材が欲しかった。
で、これまでの提携先のタンジュンサリ農業高校で
生徒会長や成績優秀者だった生徒で
農園に実習生で来なかった人たちは
どこでどうしているのか少し調べてみた。

すると、そのうちの数名は
技能実習生として日本に来ていたことが分かった。
ただ農園は社会人経験を重視し、
21歳以上でしか受け入れないため、
そういった生徒たちは卒業と同時に
実習生として日本に来ていた。
また台湾や韓国に行くケースも散見され
優秀な人材確保の意味では
うちはすこし出遅れ感があった。

ただ19歳で受け入れると帰国しても年齢は21歳。
はたしてその年で地域リーダーとして
腰を据えて地元で活動ができるのだろうか?という
不安がある。
結婚にも早いし、身の丈に合っていない預金を
自分の進む道を定めて、うまく使いこなせるのかどうか。
その葛藤はあった。
だが、やはり優秀な人材を先にとられてしまっては
せっかくの地域リーダーになる素質のある人間を
失ってしまうことにもなりかねない。
そこで11期生からは
社会人枠(21歳以上)と新卒枠(19歳)の2つを用意して
実際にやりながら経過を見ていくことにした。

ちなみに
現役の実習生たちにも、この新卒枠については
相談したが意見は賛成と反対どちらもあった。
賛成の意見では、
農園たやで研修を目的にしていても
一旦就職しなければならず
その仕事が中途半端になるということだった。
実際に8期生のイマンと9期生のデデはそんな感じだったらしい。
反対の意見としては
19歳では異国の環境での仕事に耐えられないのではないか
というものだった。
始めて社会に出て仕事をするのが日本では
やはりかなりきつい、という意見。
ま、この辺りは日本の青年海外協力隊の新卒と社会人経験の
議論に似てはいるかな。
協力隊を新卒で参加してインドネシアに迷惑をかけた自分としては
たしかに新卒の何もわからない若者では
仕事にならないかもしれないが
経験としては決して悪くはない。
ということで、新卒枠を11期生から設けた。

その19歳枠で来たのがフィルマンだった。
印象は「可愛らしい」の一言。
19歳なんてそんなものか。
控えめであまり自分を出す感じでもない。
成績は一応優秀だったらしい。
なんせ急に決めた新卒枠だったので
タンジュンサリ農業高校でも若干選考に混乱があったらしい。
制度変更の場合は、次回からはもっと早くに連絡するようにと
めずらしく通達を受けた。
あらら、ごめんなさい。

さて、その彼について
このカテゴリでも大いに筆を振るって書いていこうと思うのだが
まずはこれついて記録しよう。
彼が来たのは大雪が少しおさまった2月21日。
前回紹介したアンギ(社会人枠)と一緒に来日した。
アンギに比べたらおとなしく、あまり言葉を発しない。
すこし咳をしていて、弱弱しいイメージだった。

その彼、
来日時に受けた健康診断で
再検査に引っかかってしまった。
それも生活習慣関連というよりは
肺に影があるので至急とのすこし怖い引っかかり方だった。
慌てて再検査にいくと診断は
「結核」とのことで
翌週の頭にすぐに隔離病棟に収監されてしまった。
それからは農園でも大混乱だった。
接触者全員が検査を受けることになり
また人手が1名足りないまま
大量発注の来るGWを迎えることに。

フィルマンも言葉は出来ないのに隔離病棟で
しかも来日直後で携帯電話も契約していないし
Wifiも使えない状況で家族とも外部とも一切連絡が取れない状況に
放り込まれてしまった。
19歳で初めての社会人経験で
始めての日本で
そして初めての隔離病棟。
どれほど不安だったろうか。
面会時間に制限があったため
僕も週に1回程度しか面会に行けなかったが
行く度に弱気になっているフィルマンが痛々しかった。

ただ、結核という特殊な
それでいて結構日常にあふれている
病気について、
ただただ怖がるだけでなく、
知識を深めていく中で僕らは
あることに気が付いた。

フィルマン、お前ラッキーだったなって。

彼が結核にかかったのは
正確には分からないが
高校2年生の時にかなり仲の良かった子が
結核にかかり一時薬を飲んでいたらしい。
結核菌が肺に入ると7割の人は一生発症しない。
2割は数年~数十年が経ってから発症する。
そして1割が入ってすぐに発症する。
フィルマンはたぶんこの数年~数十年の
2割の部類だったのだろう。
話を聞くとインドネシアでも少しが咳が出てたらしいし
僕が空港で迎えに行った時も
やたらと咳の出る子だなぁ、という印象だった。
だから途中のSAに何度も寄って、
水分不足なのかと思ってジュースを買い与えたんだもの。

で、その彼は入国直後の会社の検診で
結核と分かり
今、治療を続けている。
現在はすでに隔離病棟から出て
普通に生活をしているが服薬はこのあと半年以上続く模様だ。
ただもう排菌といって外に菌をばらまいていないので
彼に普通に接触しても大丈夫なのであしからず。

もし彼が今回の選考で日本に来ることが無ければ、
と僕らはよく想像した。
フィルマンが言うには、
インドネシアの自分の村ではあまり医者に行かないという。
だから、最近咳が多いなぁ~と言いつつ
良くても風邪薬を飲む程度だったろう。
そのうち咳がひどくなり
いつし喀血もしていたかもしれない。
その時に慌てて医者に行っていても
もしかしたら間に合わなかったかもしれない、と。
そう思えば、
ここに来ることになった経緯も
僕らが新卒枠を作ったことも
なんだかすべてが君に生きろと言っているように
感じられる。
「だから僕は一所懸命勉強します」
隔離病棟から出た彼はそう言っていた。

うん、君は生きろということなんだろうから
その分も頑張りなよ。




あらら、気がつけば5月も下旬。
ブログ更新が進まない・・・。
俳句の締め切りに追われている毎日が
どうもいけないらしいが、
それはまた別にエントリーに書こうか。

さて、
2018年技能実習生として受け入れたのは、
アンギとフィルマンの2名。
以前も2名受け入れたが
僕に指導する時間が無い事や
そのことで授業の質が落ちることを
避けるため毎年1名ずつの受け入れだった。

しかし、今年はスタッフの立崎を協力隊として
インドネシアに派遣した年でもあり、
彼女が帰ってくる2年後は
今回の受け入れた子たちが3年生になる年で
十分指導していけると読んでの受け入れである。
ちなみにスタッフの坂本も立崎に続いて派遣を
検討中で、彼が農園に戻ってくる頃には
かなり大々的に技能実習生の農業研修プログラムが
展開できると予想して行動しているが
それについてはまた別の項目で書いていこう。

さて、今回はアンギ。
これまでの実習生は農園に来る以前に
農村ポテンシャル調査として
僕の大学院時代の友人に依頼して
現地調査を行っていた。
だが、今回はそのやり取りをしていた2月に
農園が雪害を受け大きなダメージを受けた。
その当初、経費削減に頭を捉われていた僕は
まずこのポテンシャル調査を省くことに決定した。
今思えば、それほどの経費でもないので
行っていてもらえれば良かったとやや後悔もしているが
その当時は、そこまで頭が回ってなかったし
そもそも受け入れ自体も白紙に戻そうかと
見当してたので
ま、農村ポテンシャル調査どころではなかったかな。

また、折り合いがつけば、今回の二人のポテンシャル調査は
依頼したいと思っている。

で、今回は全く手探りで
彼らへアプローチをかけることになった。
そもそも対象者がここに来ているので
彼らに細部のインタビューを行うことで
彼らの肩越しに彼らの家族や営農環境を
覗いていけば、
それが彼らのリアリティかとも思わないでもない。
なので、今回は専門家によるおポテンシャル調査なしで、
彼らのリアリティに迫ってみようと思っている。

アンギさん、22歳の若者で、
学校からほどなく近いタンジュンサリ地域出身。
家は30aの畑を持つ兼業農家。
父母姉二人と彼の家族。
お父さんはお粥の職人で、移動屋台で一家を支えてきた。
17年間この仕事一筋で、朝から販売に出かけていたという。
下ごしらえは母も手伝っていたとか。
どのくらいの売り上げがあるのかは
アンギも解らないとのことだったが
二番目の姉とアンギを高校まで卒業させたのだから
大したものだ。

親の仕事は意外にというか
子供には良く見えていない。
アンギも、親父さんがどこまで販売にし行っていたのか
全く分からないでいた。
さらに父親の仕事に対しても
やや後ろ向きな評価もしており
お金を稼いだらちゃんとした屋台を作って
移動しなくていいようにしたいとアンギは言っていたし
さらに、料金表も作ってきちんとさせたいとも言ってた。
どうもあちこち移動するのが
アンギには良く無いように思っているようだし、
お客さんに5000~7000ルピアと
幅を持たせて販売しているのも
どこか遅れているように見えているのかもしれない。
それらにもしかしたら
親父さんならではの知恵があるのかもしれないのにね。

畑ではトウモロコシ、菜っ葉、さつまいもの
3品のローテーションで栽培しているらしい。
作業のほとんどは母で、
父もお粥販売を終えた昼過ぎからは手伝うとのこと。
なんでこの3品目でのローテーションなのか?
その理由はアンギには解らなかった。
ただアンギは
「お金を貯めて水田が欲しい。そうすればお米をたくさん作って儲けられる」という。
おいおい、米で儲かるのか、アンギさん。
少なくとも自分で食べる分は作りたいという、
まさに典型的なジャワ農家の思考を
アンギも例外なく共有していた。

1回目のレポートで聞けたアンギの環境は
こんな程度。
毎月の月間レポートを利用して
ここからさらに掘り下げて、
彼の実際の生活もそうだが
彼の思考と嗜好と志向にも
もっと近づいてみたいと思う。

こういう手法で
彼らのリアリティに近づくのも
まぁ、また一興かな。




来年の技能実習生の募集要項を作成。
普通は受け入れ先農家が
こういうのを作ることはない。

大抵は、技能実習生は
第一次受入れの組合に斡旋してもらう。
良くても、
たまにそれなりに志のある農家が
現地の送り出し機関化している
日本語学校に赴き
そこで条件の合う子を面接して決めている
くらいだろうか。
どちらにせよ、
それらはその農業経営体に
必要な人材でセレクションしていることに
変わりはない。

農業経営体は
個人事業主だろうが法人だろうが
営利団体なので
自己の営利を追求することは正しい。
だが、これから先の
過疎化と高齢化と人口減少の日本社会において
外国人との共生は
はたしてそれだけでいいのだろうか。
というのが僕の人生をかけた問だ。
海外の開発の現場で
それぞれの地域をみた僕としては
ただ単に労働力としての交流(直流?)だけでは
硬直した従属関係では
発展的な社会に寄与しないと
個人的な妄想と言うか仮説を抱いて
この技能実習制度を活用している。
ま、その仮説は帰納法により
最近はわりかし間違いでもないかな、と思うようになった。

で、話は長くなったが、
技能実習生の募集要項は、
農園では現役の技能実習生が
作成の担当をしている。
僕からの指示は一つ。
このプログラムの目的は
地域で活躍する農業企業家を育て
地域リーダーにすることなので、
その目的に沿う募集要項にしようということだけ。
毎年の作業で
たたき台もあるので
募集要項作りもだんだん効率よくなってきている。

今回は、今いる実習生から
「日本語能力が高い方が良いと思うので、事前に日本語学校に半年通うことを条件に入れてはどうでしょう?」
と提案があった。
ま、経営者としてはその方がありがたいけど
それって目的の
『地域で活躍する農業企業家を育て地域リーダーにすること』に
沿う条件として必要なことなのか?
僕にはとても必要に見えない。
それどころか別の意味が付与されて
まともなセレクションの妨げになるんじゃないだろうか。

日本語学校はいったいどこにあると思う?
そんな特殊な学校は
ほとんど街にある。
田舎から通える距離ならいいけど
そうじゃないとアパートや寮に泊まりながら
通うことになる。
当然、仕事もできない。
20代前半の子たちは
その家の家計を支える重要な働き手だ。
世帯家計を簡易でもいいから調査すれば
そんなのは容易に見えてくる。
その条件を付けることで
優秀だが家庭環境に恵まれない子は
街での数か月の学校生活費用と世帯生計の狭間で
日本行きを断念するかもしれない。
だから僕は、明確に反対した。

その条件を提案した3年生のデデの言い分は
来日直後は日本語がわからなくて職場でも混乱がある、
それをなんとかするには語学をしっかりやってくる必要がある
とのことだった。
また日本語ができれば勉強の幅も広がる、とのことだった。
そりゃそうだけど
やっぱりリーダーになれる人間を
意図せず外してしまう条件は飲めない。
で、僕から逆に提案。
来日直後に日本語で職場がまごつくのは
農園特有のテクニカルタームの存在だ。
業者の名前やポピュラーではない野菜の名前、
それと方言交じりの作業用語。
逆にそういう環境だと
どんなに日本語学んでもまごつくだろうよ。
だったら、そのテクニカルタームを説明した
動画や辞書(といっても簡単なメモ程度)を
準備した方がよくないかい?

ということで、
僕と実習生とで
新しく来る子達用に
そういうものを作ろうかという話になった。
ははは、また一つ仕事増えたね~。

あとは、やはり授業や議論が多いので
それに耐えられる人と言う条件を足そうとなった。
月報だけでなく、年報や卒業論文まであるので
そういうのもしっかりと書くんだ!という意志の人に
来てもらうための付帯も付け足した。

毎年少しずつだけど
こうして条件をみんなで話し合って決めている。
僕らの出発点の確認にもなるし
なんのためのだれのための研修なのかも
振り返ることができるしね。

さて、来年はどんな子がくるのか楽しみだ。

関連記事
今日は、俳句ネタでもう一本。
俳人協会に推薦されたのだけど
今通っている句会だけでは
まだまだ勉強不足というか。
そもそも結社雪解の福井雪解会は
日曜日開催で、
日曜日は営業日の農園では
参加できていなかった。
それを憂いてか、
句会の先生は
「俳句は座の文学だから、句会で学ぶことは多い。だから田谷くんの参加できる句会を開くのでぜひ参加してほしい」
とノタマフ。
かくして第四土曜日に新たに開かれる句会に
参加することになった。

期待をされるのは、とてもうれしい。
さらに、鍛えるための句会を
自分のために(?)
開いてくれるなんて、なんて贅沢なんだろう。
もちろん、二つ返事で参加を了承。
参加者は、福井の先生クラスの方々と
若手の新進気鋭のメンバー。
そこで
吸収できる限りを吸収したいと思う。



関連記事
俳人協会という団体がある。
読んでその名のごとくなのだろうけど
それぞれの結社を越えて
俳人が集まっている協会。

協会のホームページには、
「公益社団法人俳人協会は、俳句文芸の創造的発展とその普及を図り、もってわが国文化の向上に寄与することを目的とする。」
とある。

ここに所属するには、
協会から認められている結社の主宰からの
推薦が必要なのだとか。
で、この俳人協会に
福井の師匠である霜子先生を通じて
雪解の古賀雪江主宰から
推薦されて所属することになった。
ほとんど同時に街の主宰である
今井聖さんからも推薦したいとお電話いただいたのだが
古賀先生の方が先だったので
雪解の枠から俳人協会に推薦され、
そして昨日それが認められたと電話があった。
なんだか贅沢な経緯。

霜子先生曰く
「普通は数年の経験では推薦されないんですよ。順番待ちしている人たちもたくさんいるんですよ」
とのことで
だったらなにも僕を推薦しなくてもいいんじゃないか、
とも思わないでもないが
推薦されるというのは正直すこぶる気持ちがいい。
しかも、福井の句会や雪解だけでなく
街の今井さんからも直接電話で推薦したいなんて言われると
とっても有頂天に。

俳句の実力は全然のびず
この春は、俳句が作れない苦しさに悩んだ。
ハウスが潰れて、冬の俳句はそれなりに心情苦しいところと
リンクした俳句が詠め、ある程度は納得したものができたが
うららかな春をうららかには詠めず
なんだかいびつな春の句を延々と作っていた。
俳句詠めない時ってあるんだ、と
思った矢先だったので
とっても嬉しい。
あとでの報告だと喜びが半減してしまうので
喜べるうちに喜ぼうと思う。

これで僕もいっぱしの俳人というわけなのだろうか。
なにか変わるわけじゃないが
認められるというのは
それはそれで嬉しい。
電話をいただいた今井さんからも
「どこから推薦されるにせよ、所属すればこれで私たちは俳人として同じステージです。互いに研鑽していきましょう」
とお声をかけていただいた。

つぎはそれぞれの結社(雪解・街)の同人を目指したいね。
あともう少し大きい賞に入選できるよう
頑張ろうっと。



関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ