ワインを1日1杯飲むと
健康になるという話は
良く聞く話。
それは僕がワイン好きで
自分に都合の良い情報を
意識的もしくは無意識的に
選択しているからかもしれないが
ま、とにかくワインの云々話は
よく巷にあふれている。

そのワインについて今朝の
ラジオで面白いことを言っていた。
コペンハーゲンでの調査なのだが、
ビールとワインと蒸留酒を飲んでいたお年寄りの
その後の寿命を調べたところ
ワインを飲んでいたグループの寿命が
有意的に長かったらしい。
そこでワインには何が含まれているかを
調べてみると
ポリフェノールという
動脈硬化に効果がある
物質が含まれていることが分かった。
だからワインは長寿に関係する。
と、人は結論付けたがる。
対象物のワインに目を向けるからだ。
しかし、
ラジオでの解説では
ここからが本番だった。
疫学の研究ではその効果を観ると言うよりは
統計学的に関係性を明確にする。
コペンハーゲンの実験では
続きがある。
次に地元のスーパーで
300万人のレシートを解析したらしい。
そしてビールとワインとで
それぞれを購入した人が
他に何を購入したかを統計的に明らかにした。
そうしたら、
ビールを購入した人の買い物傾向としては
ウィンナー、マーガリン、豚肉などを買い、
ワインを購入した人は
植物性油、野菜を多く購入していることが
統計的に明らかになった。
ウィンナー、マーガリン、豚肉などは
トランス脂肪酸や飽和脂肪酸が多く含まれ
それらは成人病の原因となっている。
飲み物はそれ単体で楽しむわけではなく
食事を通じて楽しまれていることが多い。
そのそれぞれの家庭や個人の嗜好の
食文化がその後の寿命と大きくかかわりのあるような
グループ分けが出来たという話だった。
それぞれ好みに違いはあれど
傾向としてビールと合わせる食事は
トランス脂肪酸や飽和脂肪酸が多く
ワインと合わせて好んで食べられている食事は
成人病予防の効果のあるものが多かったというわけ。
その単体の機能を僕らはついつい
追いかけてしまいがちだが
そういう近視眼的なことでないということだ。
ワインが良いからといって
普段の食生活を変えなかったり
食事を楽しむ気持ちもなく
ただ薬のようにワインを飲んでいても
ちっとも体には良くないというわけ。

こういう視点って
なかなか身につかないね。
うん。

関連記事
農園では直接レストランにも
野菜を卸している。
北は北海道、南は以前は福岡だったが
最近は大阪まで。
直接販売すれば、お客さんの反応も聞けて
それにサプライチェーンをショートカットすれば
それだけ利益も多い。
もちろん、クレームやら注文の細かさや
取引先が急に他へ移るなど
リスクは農協や市場出荷に比べたら
とても高い。
でも直接販売が
少なくとも僕の部門で100%なのだ(仲卸直接も含めて)。
そんな僕がJA青壮年部の部長というのは
やはり不自然だな。というのは余談。
これについてはまたどこかで書こうと思うけど。

今日の本題は
その直接販売を支えているのは
なんなのかってことだ。
それはインフラとしての話だが、
ネットと運送網というわけで
インターネットで瞬時に畑の様子が分かったり
収穫物を畑から個人宅まで
コールドチェーンでつなぎ
しかも時間指定で配送できるシステムが
あるから
お手軽&お気楽に注文ができちゃうってわけ。
検索ランキングなんかも気になるかって
言われれば
まぁ、そんなに飛び込みでお客さん来ても
出荷する野菜が足りていないから
それはそんなに気にならない。
今ある既存のお客さんに
よりファンになってもらえるような情報や
ストーリーを伝えるのに
僕らはネットを使っているだけ。
地域で商売をやっていくのなら
確実に紙媒体の方が大事だしね。
そういう意味では、
農園の紙媒体に対するアプローチも
もっと考えていかないといけないけどね。
(最近は連載も少なくなってきてしまったしね)

さて、
その直接販売を支えている
運送網が今回値上げを言い出している。
農園では佐川急便と契約しているのだが、
人手不足と輸送コスト高により
一律250円の値上げを言ってきた。
250円って微妙な値段だけど
決して高くはないからそれくらいはって思うかもしれない。
でも一束100円の野菜を売っている身としては
この250円は結構高い。
しかも昨年の7月にも値上げをしたのに、
また値上げだって。
農園だけを集中砲火しているのかって
疑ってしまうのだけど
担当者の説明だとエリアを区切って
交渉しているとか。
いろんな記事を読むと確かに運送業界は
かなり大変だっていうのは分かるが、
二年連続での値上げは
直接販売を中心にしてる業態としては
かなり辛い。

これまで既存の販売では
見えてこなかった需要や
聞こえなかった消費者の声を
インターネットは繋いでくれた。
でこぼこのない平坦なネット世界は
既存のインフラの整備の高さに支えられて
どんどん伸びていった。
それに合わせて僕らの農園も伸びた。
新しい時代の旗手といえば
いいすぎだけど、そんな感じもあった。
でも少子高齢化の壁に
物流は悲鳴を上げ始めた。
情報は何百倍も増え、
これからまだまだ増えていくだろうし
その質も問われて変化していくんだろう。
でも、実際に物を届けるその仕組みが
軋み始めているのは事実だ。
少子高齢化と
都市(東京や地域都市)への人口集中で
地理的距離とその商業圏は
いよいよ変化していく時代に入るだと思う。
物流が、社会が、今の課題を小手先ではなく
根本的に解決できなければ、
この市場は地域中核都市を中心に再編されるだろうね。
有名ではない福井県にいる人間としては
道州制で北陸州にでもなれば
商売の幅がひろがるんだけどなぁって夢想したり。

ま、
どこへでも比較的単価の安い農産物を届けていくには
ある程度のボリュームを作り出せるように
出荷者たちの再編があるだろうし
(それにJAが主体的になれるかどうかは、ま、あれだけどね)
無限に見えた広がってしまった市場はやや縮小し
カリスマ的な個人農家たちがしのぎを削るんだろうね。

さて、僕らはどこを目指そうか。
そこが次の思案どころだと思う。



関連記事
前回の月間レポートで
コピペを怒られたダニ。
今回の提出した月間レポートといえば、
そりゃ、もう、あんた、
フォントも行間もばらばらで、
さらにはリンク表示の青線や赤線付きの
月間レポートを出してきたのでアリマス。
ここまでやってくれれば
もはや彼は天才か阿呆かのどちらかだろう。
それか怖いもの知らずなのか
それとも僕がなめられているってことなのか。

コピペして
それをただ読み上げるという報告。
彼はここの作業に何を見出そうとしているのだろうか?
それに何の意味があるのだろうか?
僕らみんなの時間を使って
その彼が作ったコピペの資料で
何を議論しようっていうのだろうか?
自分の言葉で書けよ!
情報を自分に引き寄せて、
自分のリアリティを記せよ!
どこかにありそうな
なんとかく議論できそうな
なんとなくレポートっぽくね感満載の
そんなものを僕らは
議論したくない!
僕は、君のリアリティが知りたい。
君が見ている世界を
肩越しでのぞきたい。
そこから夢想する
君の未来を
君と一緒に追いかけてみたい。
だから、コピペはすんな!

関連記事
そういえば、6月から、
「いつき組」にも投句を始めた。
俳句は主催する先生ごとに結社があり、
有名なものでは
正岡子規や高浜虚子から続く
「ホトトギス」がある。
福井の順化句会に参加するようになり
そこの先生が「雪解」の同人ということもあり
自然のなりゆきで
僕は「雪解」に投句している。
雪解の雑誌を読んでのイメージでは
格調の高い俳句結社という感じ。
俳句をもっとポップに詠みたいと思っていて
そこであれこれと無料で投句できる先を
さがしていたところ、
南海放送の一句一遊という番組と
俳都松山市が運営する俳句ポスト365があったので
そちらにも昨年の秋から投句している。
そしてそのどちらも
あのプレバトで有名な
夏井いつき組長が選者を務めていた。

僕はあまり民放をみない。
かといってNHKもあんまり見ないけど。
だからプレバトも知ってはいたけど
ほとんど見たことはない。
一句一遊がラジオ番組で
もともとラジオに投稿したいという欲求があり
それが俳句という二重に
僕を満たしてくれる存在だったので
投句を始めたのがきっかけだった。

夏井さんは結社を持たず
俳句集団いつき組と称して
「100年俳句計画」と「俳句新聞いつき組」の
俳句雑誌を発行している。
だから先生とよばれず
組長とそのメンバーからよばれているのが特徴か。
お堅い結社のイメージはなく
まさにポップな集団。
「天」「地」「人」「並」で
俳句を評価されるのだが
天や地の選に入る俳句は
俳句らしい俳句ではなく
まさに詩そのもの。
俳句らしい俳句が
上手く詠めない僕は
(特に昨年の夏ごろから句会でまったく点数が入らない月が続いていたので)
こういうのも楽しいかなと
投句を始めた。
投句するときの俳号はテツコ。
順化句会の先生である
霜子先生を最初名前だけを見た時
女性だと思っていたが
俳号だと分かって
子を付けるその習慣が面白くて
(霜子は「そうし」と読む)
自分の名前「徹」に子を付けて
テツコとした。
ジェンダー的に行き来するような
俳句を読みたいというのも
こういう俳号にした理由の一つかな。
ま、まだまだ表現したいことを
17音に閉じ込められず
ついつい俳句らしい俳句に
なりがちなのではあるが。


関連記事
もう言ってもいいだろ?
今の政権の情けなさを。
僕はここ数年、
JAの青壮年部の幹部を務めてきた。
地域の活動やJAがらみのイベントや
その経営や運営など
至る面で責任ある立場を
果たしてきた。
この組織は
他県は知らないが、
福井の場合
かなり保守的である。
正直、それが僕には辛かった。

僕は僕の周りが何て言おうが
共産党がそれほど嫌いじゃない。
高校時代は入党も考えていたし、
インドネシア留学時代は
もともとインドネシア共産党の流れを汲んだ
大学の学部で学んだこともあって
かなりその方面では
共感を覚えている。
そうだったからではないけど
ご縁があって
うちの娘の保育園は
共産党よりの保育園でもあった。
やりかたいに異議もあったし
文句もたくさん言ったけど
今の忖度内閣を支持している
自民党への不満に比べれば
かわいいもんだ。

これまでそれなりの要職だったから
言わなかったけど
もう我慢の限界だ。
今の自民党はひどすぎる。
かつて政権を奪取した時、
社会党や民主党のイニシアティブの無さを
批判する言説はこれまで嫌というほど
見てきているが
それはあくまでも民主主義の
範疇から離れてはいなかった。
でも、今の政権や与党はどうだ!
政権運営の哲学なんて皆無だし、
自分たちの忖度仲間しか
意見が通らないし、
民主主義の意味も理解していない。
中選挙区で
頭がおかしくなったんじゃないのって
思うくらい。
特に今の総理大臣はひどい。
あれが国家の宰相の姿なのだろうか。
僕には近所の小学校の子どもの
やることとあまり変わりないように見える。
近所の子が
とても懐かしい悪口を言っていました。
「でーぶでーぶ百貫でーぶ。お前のかーちゃんでべそ」。
まさに安倍さんやそれを取り巻く人たちの
言説は
「おまえのかーちゃんでべそ」の
ロジックと何一つ変わりないのです。

質問には正面から答えてください。
それを発している人の信頼度を下げるのは
リスク学でいう2次的信頼を傷つけるだけなので、
政治学ではその手法は禁じ手にしましょう。
広く意見を聞くスタイルもなければ
許容範囲もすくない。
ただただ内閣を維持させるだけの
運動機関である意味はなんでしょうか?
僕らは政治が真っ当で
それがたとえ足を引っ張り合うように見えても
それが無されている間は健全な多数な
意見が醸成されている場があるという
とても単純でしかも
この歴史が生み出した
大事な悲劇から生み出した経験を踏まえて
この場に至っているんです。
歴史は修正もされないし
僕らのどんな声も封殺されない。
その社会を作り上げつつあったのに
安倍さん、あなたはなんて不勉強なんでしょう。

国家を論じるのあれば、
そこに住む人々の
グランデッドな想いからスタートしてください。
あなたの勘違いと
周りの忖度に
付き合わされる国民は不幸です。
ま、この程度の話が理解できるのであれば
すでに顔から火が出るくらい恥ずかしくて
自ら職を辞しているだろうけど
そんなことなく
国家の宰相を務めているのだから
勘違いも
もはや歴史的なもんだと思う。
これはさすがに修正されないよ。
ある意味、あんたレジェンドだよ。
それを無批判でいる
僕の周りの友人も
その加担者だね。
ほんと、呆れる。





関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ