妻と娘と3人で、近くの保育園に行く。
来月から、一時保育をお願いする保育園の見学に。

園内は開放的で、建物にふんだんに木を使用しているのが良かった。壁のあちこちに貼られている連絡には、保育園運営に対して父母の参加がずいぶんと必要な事をうかがわせていた(プールの補助員や役員会などなど)。

インドネシアで声高に『参加型』を叫んでいた自分としては、当然、ぜひとも参加したい!といいたいところだが、正直なところ、ちょっと面倒だなぁ、と思ってしまう。まぁ、人とはそういうものだろう。

なんでも出だしがネガティブに始まる僕としては、そのうちぼちぼちと保育園にも参加していこうかなぁ、と思うのが関の山。などと言っておきながら、来年当たり、うちの農園で園児の芋ほり大会なんぞ企画していたりして。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ