06 01
2010

土曜日の夜、JAZZのコンサートがあった。
地区の有志で集まる
「さつきあげコンサート実行委員」
の一員として、このJAZZのコンサートのお手伝い。

ピアノ:板橋文夫
ベース:瀬尾高志
ドラム:竹村一哲
のセッション。

板橋さんとは、16年前、ある団体が主催する
タイの農村ステイツアーで一緒になったのがご縁の始まり。
そして、さつきあげコンサートとして、福井に呼ぶのは3回目。
ちなみに過去2回は、僕は実行委員ではなく、
ただ単にお手伝いをしていただけなのだが、
今回は実行委員としてかかわっていた。

そのタイ旅行を通じて、僕はすっかりJAZZに魅了され
一時、JAZZばかりを聞いていた時期もあったのだが
最近では、日々の生活に追われるようになり、
音楽そのものを聞かなくなっていた。

板橋さんの演奏は、とても情熱的。
ピアノが壊れてしまうのじゃないか?と思うほど
力を入れて、まさに全身全霊を込めて音を出す。
今回来られた他のメンバーも
それの触発されているのか、
同じように、気持ちのこもった演奏だった。
僕は久しぶりに、音楽に圧倒された。
そして、16年前のあの熱いタイの夜を思い出した。

コンサート後、演奏者を含めて、実行委員で打ち上げをした。
板橋さんは、
「今度は、田谷君の畑でコンサートをしよう」と言っていた。
まるで夢のような話だけど、
そんなことが実現できたら、どんなに素敵だろうか。

そして、
その夜以来、僕の日常に音楽が戻って来た。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ