ここ最近、露地の畑の準備に追われている。
といっても、夕方にしかその準備は出来ないのではあるが。
1日の大半を業者や市場からの野菜の注文をこなすのに
費やしてしまい、またそれと同時並行で
栽培中の野菜の管理、切らさず出荷できるようにと播種作業が
入ってきて、座る間もなく1日を過ごしている。
(余談だが、昼は昼でインドネシアの研修生への座学が週に3回もあるので、ほとんど休んだ気がしない・・・)

さて、野菜の出荷作業、管理作業(灌水・農薬散布)、播種作業等が終わって
なんとか夕方に時間を作って、
今日は、とにかく「なす」の定植をした。
各地の伝統ナスを始め(3種)
ヨーロッパの品種(4種)を定植。
新規就農定着促進事業で購入したマルチがけの機械を使って
マルチをかけて回った場所に、ナスを定植した。
昨年まで数人必要だったこれらの作業が
マルチの機械のおかげで、最悪一人でも可能になった。
むらの高齢化が進んで、その人たちが耕作できなくなっても
これならばなんとか僕の方で受けられそうである、というのは余談。

さて、今年は試験栽培として
伝統ナスを1品種足しただけにした。
例年であれば、数本ずつ約3~4種類ほど、
畑の脇で試験栽培するのだが
今年は、やめた。
目ぼしい品種に出会わなかった、こともあるが
気忙しく過ごしていたら、その準備を忘れていたことに
最近気がついた次第。
こういうこともあるらしい。

昨年の試験栽培の中から
本栽培に格上げになったのが2品種。
ヨーロッパの品種で緑の米ナスと
縞のすじ模様が入る西洋ナス。
本栽培といっても、その中で二つの格付けを僕は勝手に決めている。

一つは、業者向けでガンガン作ってガンガン売るタイプ。
これは県外の市場にも意識がいっていて、
大量生産を目指している(といってもたかが知れているが)。
これを僕はBクラスとしている。

もう一つは、味は申し分ないが(場合によってはBよりも上)
大量に扱ってくれる業者がいなかったりするもので
販路は、直売に限られる。
直売所や直接取引のあるレストランなどへ細々と販売する予定。
これを僕はAクラスとしている。

あれ?AとBがなんとなく逆じゃない?と思う方もいるかもしれない。
どちらかといえば、大量に生産してバンバン売る方をAクラス、
引き取り手がなくて、直売で細々をBクラスというのが
一般的には解りやすいかもしれないが、
実は、そうでもない。
バンバン売る品種は、僕が美味いと感じる品種かどうかは二の次で
(当然、クオリティーという意味では最上のものを出荷する)
業者や市場が欲しているので、経営的に栽培するだけなのだ。
それに比べて、Aクラスに属するナスは
市場では売れないのに、僕が勝手に惚れ込んで
これはうまい、と思って作るナスなのだ。
だから、それを解ってくれるレストランや直売所、果ては一部の消費者に
直接販売している。
経営的にはあまり合理的ではないかもしれないが、
僕の中では、これらのナスは、まさにAクラス!
Bクラスの中では、業者がいらないと言えば
作るのをやめてしまおうと思うナスもあるが、
Aクラスのナスは、誰が何と言おうとも栽培は
その味に飽きるまではやめない。
最終的には自家菜園に逆戻りしても作り続けるようなナスが
Aクラス。

今回、昨年までBクラスでバンバン売っていた2品種が
業者から
「あまり売れないから、今年はいらない」と言われたので
めでたく昇格し、Aクラス入りを果たした。
嗜好は、人それぞれだし、食べ方にもさまざまな文化がある。
だから僕が美味いと思うものを、他人が美味いと思わないことも多々ある。
だからといって、それらのナスの価値が
僕の中で下がるわけじゃない。
そういったナスは、さらに上のクラスに格上げされるべきなのだ。
経営的なしがらみを無視して作られる特別なナスとして。

めでたくAクラス入りを果たした2品種は
コアなファン(僕と妻と直売で買ってくれる人)だけで楽しむ、
まさに特別なナスとなったのである。

さて、今年から新しく始めた品種は、1種類だけ。
伝統ナスで、これを栽培しようかどうか、ずいぶんと悩んだのだが、

やはり食べてみたい!

という思いが先行して、栽培することに決めた。
このナスは、はたして、来年どのクラスに入るのだろうか。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ