日記だけを見ていると、
インドネシア研修事業のエントリーばかりになっていて
なんだかボランティア事業をしているような観があるかもしれないが、
うちは歴とした販売がメインの農家で
とうぜん、農産物を生産して日々の糧を得ている。
(直接消費もするし、販売もする)

さて、ここ最近、低温が気になる。
気温が明らかに低く、出荷する農産物の生長速度も遅い。
来週にはゴールデンウィークが控えており
そのための大量注文を業者からすでに受けているので、
順調に野菜が生長しない現状を少々焦っている。

ゴールデンウィーク用のチラシに入れてもらっている農産物もあり
今更、「間に合いませんでした」なんて言い訳は言えない。
ある業者に、もしかしたら間に合わないかも、と
先手を打つように弱気な発言を言ったところ、
「ハウスを加温してでも間に合わせろ!」とのことだった。
そりゃそーだ。
注文はすでに受けてしまっているのだから。

年に3回大きな山場があり、その商戦をなんなく乗り切ることが
1年間安定して買ってくれる大きな要因となっている。
ゴールデンウィークとお盆とクリスマスから年末のこの3回。

今年は、低温による野菜の価格高騰と
ヨーロッパの空輸の乱れと
ガソリン価格のやや高騰傾向を
我が利として、業者から大量の注文を受けたのだが
(本当に大量の注文。昨年の倍以上)
はたして乗り切れるだろうか。
ここから先は運任せだな、こりゃ。
関連記事

No title

そ、そうか。
『注文受けたら間に合わせる』
は野菜の生産者の方も会社員も同じなのですね。。。ヘンな納得。

でも、おてんとさまが「いいよー」って言ってくれないんだもん。ね?
と、私は職場でちっちゃい(でも高い!)レタスを見つめながら思っていまつ。

No title

きりさん
生産物にもよりますが、ベビーリーフは注文を受けた分だけを出荷します。
注文を受ける時期と、その時期に合わせて種をまく時期とが2週間以上もずれている上に、天候不順を先にはなかなか見通せないので、この時期はいつも頭が痛いです。
なんとか注文すべてにこたえられるように、出荷しますので、使ってやってくださいねー。

No title

そりゃもう、喜んで!使わせていただいております。

こちらこそ、この全国的な天候不順の中ですが・・・GWもお世話になりますっ(`・ω・´)ゞ
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ