快晴の1日。
3月、4月に畑に定植を予定している野菜たちがあり
こういう晴れ間は、とても助かる。
畑を起こし、定植準備をするのに、絶好の日和。

だったのだが、今日は1日中、むらの行事。

朝からむらの神社に集まり、春祭りの準備をする。
祭りは春と秋と2回だが、
春は、通常、簡素に行われる。
むらの役員だけが集まって、社に垂れ幕をつけ
掃き清め、神主さんを呼んで祝詞をあげてもらう。
役員で玉串を捧げて、それでおしまい。

例年であれば、春祭り後は自治会長さんのお宅で
昼過ぎまで酒を飲むのだが、
ここ数年でそれも簡素化したらしく、
酒を一滴も飲めず終い。
朝から、“今日は1日中酒が飲める”と張り切って
ウコンの力を飲んで臨んだのに
まったく、肩すかしをくらってしまった。

春祭りの後は、むらの役員会。
細々したことを細々と決める。
当然だが、これも酒は無し。

昼過ぎから、今度はむらの農家組合の用事。
調整水田の杭打ち。
減反を各戸で、どこでやるかを決めてもらうのだが
田んぼ一筆丸々減反する場合は、杭打ちは必要ない。
しかし、一筆の田んぼ、たとえば3反の田んぼで
7畝だけ減反をする場合、
その田んぼの7畝分は、農家組合で測って杭を打たなければならない。
事前に計算しておいた図面を見ながら
そういう一筆の全部を減反しない田んぼに
減反分の面積が解るように杭を打って歩いた。
なかなかの仕事で、役員4人で3時間ほどかかる。

こうして農作業に絶好な1日は過ぎた。
明日からは雨らしい。。。

ただ、杭打ちの後、役員で飲みに行った。
この日、ようやく、僕は酒にありつけたのだった。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ