FC2ブログ
まぁ、いまさら驚くことでもないし、書いても仕方がないのだが、
とりあえず毎年、このことが問題になり、まったく改善が見られないので
記録と来年のために記しておこう。

来年の研修生候補の選考を
インドネシアのタンジュンサリ農業高校に頼んでいたのが
先月(9月)の終わりだった。
担当の方に2度も国際電話もして、
インドネシア語で書いた選考基準もe-mailで送る際に
わざわざまた国際電話をして、念を押したにもかかわらず
期日であった今日、先方に電話をすると
副校長から回答があり
「選考基準がまだ届いていないので、選考できない」
とのことだった。
担当者にe-mailで送ったことを伝えると、
その夜、その担当者からe-mailで返信があり
「今までメールをチェックしていなかった」とのこと。
9月に送ったe-mailをチェックしていなかったのか????
そんなにe-mailを使わないのなら、名刺の連絡先として
Mailアドレスをデカデカと書くんじゃない!!!

確か、昨年も同じようなことでもめたような気がした。
そういう意味では、僕も同じようなものか・・・。

こうして、今頃になって大慌てで選考していることだろう。
今まで来ている子を見ていると、
そうしたやっつけ選考でも、良い子が来ることは解っているのだが
出来れば広く公募して多くの子から選んでほしいものだ。

来年までに、こちらで募集ポスターでも作ろうか。
そう言えば、わざわざ夏の忙しい時期に作った
研修のリーフレットインドネシア語版は、あっちで活用されているのだろうか。
なんだかすべてが不安である。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ