ここ1週間ばかり、かなり濃い時間を過ごさせてもらった。
日記にアップできないスピードで通り過ぎていく毎日だったが
なんとかここに少しでも記録したい。

まずは、シンポジウム前日の若手農業者クラブでのイベント。
昨年から取り組んでいる食農活動で、
今年は野菜作り体験と称して、スイカやトウモロコシに挑戦していた。
しかも無農薬で。

前回の日記でも触れたのだが、
8月の中頃からハダニが発生して、スイカの株がずいぶんとやられてしまった。
企画段階では、どう盛り上げたら良いものかと
僕にも皆目見当もつかない状況で収穫祭の当日を迎えたのだが
そんな心配は、全くの杞憂だった。

イベントの内容としては至極シンプル。
子供たちがすいか畑に入って、思い思いのスイカを収穫するというもの。
実は僕はこれで終わりだと思っていた。
あとはバーベキューをしてみんなで楽しく食べたら終わりだと思っていた。
収穫したスイカはほとんど実が入ってないだろうから、
食べられるスイカもあまりないだろうと思っていた。
だが、違っていた。

今年のクラブの会長は、なかなか子供の心をつかむのがうまい。
子供を一列に並べて、収穫したスイカを1個1個割って品評会を始めたのである。
大きくても実が入ってないスイカもあれば
小さくても真っ赤になっているスイカもある。
大きければ良いというわけじゃないことが
子供たちにも実感できたようで、
品評会では自分のお気に入りのスイカの中身がどうなのか
みんな必死にのぞいていた。
そのためか、実の入りが悪い子の中で、泣き出す子も結構いたように見えた。

こういう実体験が大切なんだと思う。
本の知識なんかとちがって
現実に目の前で起こっていることから得る知識とそれを感じる心。
虚無感と閉そく感がただよう社会において
もっとも必要なことの一つ、だと僕は考えている。
それを僕らの会を通して行えたことを誇りに思う。
そしてこの素晴らしい企画を実行した仲間を誇りに思う。

来年もやるのかどうかは分からないが、
こういった取り組みの意義は、皆で共有したように感じられた。

最後にクラブ員だけで鉄板焼きを楽しんだらしい。
そのころ僕はシンポジウム出席のために東京へ向かう電車の中だった。
この日は、さぞやうまい酒をみんなで飲んだことだろう。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ