FC2ブログ
最近、ナスの収量が悪い。
とくに吉川なす。

果皮につやがなく、実が割れる玉も多い。
葉にはハダニやアブラムシがつき、木全体が疲れている。
花も少なく、実が付く率も低い。
これはまさに、最盛期を過ぎ去った9月下旬のナスの姿なのだ。

どうしてこんなことになったのか。
答えは簡単。
天気。

なかなか明けきらない梅雨にやられたとしか言いようがない。
日照不足と降雨の影響で、吉川なすの木が疲れてしまったのだ。
吉川なす以外に6種のなすを栽培しているのだが、
他のなすはそれほど疲れてはいない。
吉川なすだけが、この天気の影響を大きく受けている感じなのだ。

最近では5玉捨ててやっと1玉収穫、といった具合で
なるほど、この伝統種が美味しいのにどうして廃れていったかが
身を持って実感している。
天気のいい年ならば、他のなすより少しだけ収量が悪いくらいで済むのだが
天気の悪い年は、ほとんど収穫できないのだ。
それだけ「弱い」なすなのだろう。

今日、取引先の八百屋からの電話で
鯖江の吉川地域で、ずーっと吉川なすを守り
栽培してきたお爺さんが亡くなったと聞かされた。
あああ、なんてことだ。
今になって、吉川なすの権現のようなその爺さんに、
聞きたいことが山のようにあるというのに。

あの方なら、今年のような天気を何度も何度も経験していただろう。
そんなとき、どう乗り越えてきたのか
僕はそれが聞きたくてしょうがない。
だが、それはもうかなわない。
作り続ける気力がある限り、五感をフルに使って観察を続けるのみである。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ