夏至が過ぎ、いよいよ夏の暑さになった感じがするこの頃。
春先に猛威をふるったカブラハバチも、一段落したように思える。
今年は、僕の農園では例年よりもカブラハバチの害が
ひどかったようにも思えたが、みなさんのところではどうだろうか。

カブラハバチ、と聞いてもよく分からない方もいるかもしれないが
春先に出てくるオレンジ色の体に黒い羽根と頭をした2cmほどの虫。
この幼虫、まっくろの芋虫で、これも2cmほど。
問題となるのは、この幼虫。
食欲旺盛で、放って置くとで葉脈を残してすべての葉が食べつくされてしまう。
防除もなかなか厄介で、
アブラナ科の葉野菜が出荷時期を迎える春から初夏に向けて
大量発生するのだが
このアブラナ科の葉野菜で、カブラハバチの名で登録が取れている農薬が
ほとんどないのである。
だから、アブラムシやキスジノミハムシ、ハモグリバエ、コナガなどに
効き目のある農薬を散布することで、同時防除を狙うのが基本。

ただこの同時防除、少々難しい。
キスジノミハムシは、子葉がでるころから作物に着くので
本葉が少し出てきたときには、この虫に対しての農薬を散布しないといけないのである。
しかし、この頃は、まだカブラハバチはつかないので
キスジノミハムシと同時防除は難しい。

本葉が大きくなりだしたころにつくのは、コナガ。
このコナガとカブラハバチを同時防除出来ればいいのだが、
コナガはりんし目で、BT剤で防除出来るため
出荷前日まで農薬散布が可能になる。
(*注:出荷前日まで農薬をかけるのか!と思われる方は、BT剤について調べてもらえば、その理由が納得できるはず。解らない方は連絡をいただければ、農家の立場から説明します。)
しかし、カブラハバチは膜翅目なので、BT剤の効果はない。
アブラナ科の葉野菜が出荷を迎える頃に、
このカブラハバチが旺盛に食べ始めるのだが
出荷を数日後に控えた頃になると、カブラハバチに対して散布できる農薬はない。

そこで、僕は、ここ数年アファーム乳剤を使用することにしている。
カブラハバチの発生が旺盛になり、しかも葉野菜の生育期間が
比較的長期間になる春と秋だけ限定で。
夏は、生育期間も短くなり、食害を受ける前に収穫することが可能なのと
キスジノミハムシ対策として散布するネオニコチノイド系殺虫剤で
初期の防除さえできていれば、なんとか収穫まで
コナガ以外の虫の繁殖を抑えることが可能であるため
アファーム乳剤は使用していない。

さてこのアファーム乳剤。
有効成分はエマメクチン安息香酸塩。
この有効成分は自然物に由来し、
放線菌(Streptomyces avermitilis)から単離された殺虫活性をもつ薬剤とのこと。
接触毒もあるが、食害作用に重点をおかれた農薬であるため、
アブラナ科の葉野菜を食べないただの虫や益虫に対しては、
他の非選択性農薬に比べて影響が少ないと考えられる。

僕の防除の基本は、すべての虫の死滅ではなく、
人が耕作する畑という、非自然的な場所において
その非自然なるがゆえに、ある種の虫のみが繁栄してしまうという
狂ってしまった自然の均衡を
すこしだけ戻してやろうというものである。
そのため防除は、薬剤散布だけでなく
混作や輪作などの技術を用いて、天敵や益虫、ただの虫などの
生物多様性の畑作りを目指している。

ただそれでも防除しきれない虫がいるので、
その場合は、上記のように、時期を限って
自分なりに厳選した農薬を散布することもある。

今年は、ブログのワード検索でもカブラハバチで検索して
僕のブログを見に来る人が多かったように思う。
どこの畑でも苦慮しているようなので、
カブラハバチの防除が一段落した今、自分なりに総括として書いてみた。
他に、もっと良い方法をしっているぞ!という方は
ぜひ、教えてください。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ