こんな野菜を収穫した。

P3110010.jpg

赤い茎のセロリ。
見ているだけでわくわくしてくる赤さなのだが、
香りも強く、セロリ好きでも生では食べられないかもしれない。
うちでは、スライスしてスープや炒め物に使っている。
先日はパスタの具に。
炒めても香りは飛ばず、赤みはますます映えわたり
独特の甘味がまして、これがやたらと旨いのである。
ワインが何杯も何杯も飲めてしまう。

ただ、こういう野菜は、大抵売れない。
食とは、最も保守的な部分で、
洗脳的なCMでもない限り、新しい食はなかなか受け入れてもらえない。

それでも、新しい食文化の一端の一端の一端くらいは
担ってるんじゃないか、と勝手に勘違いをしている僕は
美しく、面白く、そして美味しい野菜を見つけると
作らずにはいられないのである。

ちかくの直売所限定で販売しますので、
見かけたら、ぜひ買ってみてください。
関連記事

先日は、ありがとうございました。根セロリは、早速カツにして頂きました。セロリの方は、葉っぱはえび、ほたてと一緒に、オリーブオイルでソテーして、レモンソースとバルサミコ酢で、頂きました。軸は、ワインビネガーでピクルスにしました。軸の調理は、また週末にTryしてみます。
セロリ美味しいですよね。ただ、家族と美味しさを共感できないのが悩みです。画期的な食べ方・・・ないですかね。野菜スイーツでも作ってみようかな。e-224

しみずさん
コメントありがとうございます。

セロリを美味しく食べていただき、生産者としてこれほどうれしいものはありません。
売れる売れないから考えた野菜は、売れればそれで納得してしまうものですが、食べることから考えて作り始めた野菜は、売れたかどうかよりも、美味しく食べてもらえたかどうかが気になるものです。

セロリのスイーツですか。
そういえば、サレポアのヤギさんが僕が夏に作った根セロリを甘いピューレにして、それをシューで挟んだものを作っていましたよ。あれは絶品でした。今回も根セロリを出荷しているので、もしかしたらサレポアで食べられるかも。

あれ、もう一回食べたいなぁ~、ヤギさん!
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ