建前が終わったので、契約時に決められていた金額を
工務店へ振り込むため、妻は銀行へ行った。
大金を振り込むこともあってか、随分と妻は興奮していた。
人生で最も大きな振り込みだ!と騒ぎながら、銀行へと出かけて行った。

さて、自己資金をほとんど持ち合わせず、自分の将来性に賭けて
住宅ローン頼みの僕は、妻を無事に送り出すと
予定通り、ある契約のため、約束された場所へ行った。
その契約とは、農地の取得の契約である。
もうすこし農地がほしい、そう思うようになり、
少し前から、集落の不動産業を営んでいる人に探してもらっていたのである。
たまたま、隣の集落の土地が浮いてきた話があり、
とんとんと話がまとまり、それを取得するために
今日、契約書に判を押した。
自己資金が一切ない僕は、この農地取得に関する資金も
ローンということになる。
研修生のために建てた研修棟のローンもあり
住宅ローンもこれから派生する。
そして、この農地のローンも背負うことになった。
あんまり借金はしない方がいい、という人もいるのだが、
なんせ、自分の経営の足腰を補強するために少しばかりの投資が、
今は必要なのである。
ここで二の足は踏んでいられない。
借金は、若いうちにしなければ、年を取ってからではきつすぎるのだ。
あと自分の中の予定では、もう一回くらい、大きなローンを背負うことになる。
そこまで行けば、とりあえず描いていた経営体になれるはずなのだが
まぁ、そうそううまくはいくまいが。
一人でも多くのインドネシアの若者に
有意義な(?)研修の機会を提供したい。
そのために、今は借金を続けるのである。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ