FC2ブログ
先週3歳になったわが娘。
ずいぶんと成長した、とここ最近感じることが多い。
今日も妻は愛知なので、ぷち父子家庭なのだが、
僕が家事をしている間、ずいぶんひとりで遊ぶことができるようになった。
今晩も晩御飯の準備をしていると、
ひとりでお絵かきの道具を出してきて、何やら話しながら絵を描いている様子。

娘が遊んでいたのは、義姉からもらった(と思う)ひらがなの練習ボード。
水のペンで書くと、書いたところだけ色が変わるというもの。
何度でも書けるので、最近重宝している。
ひらがなが何たるかを娘は理解していないのだが、
塗り絵感覚で、ひらがなの文字やボードに書いてある絵をペンでなぞって遊んでいた。
絵をなぞるたびに、娘のコメントが家事をしている僕の耳に飛び込んでくる。

「これはパパとママのレモン」
グリル料理などレモンやかんきつを使うことが多い我が家。
レモンを絞る作業を娘もしたがるのだが、
あれこれと理由をつけて絞らせないものだから、
そんなコメントなんだろう。

「これは蜂蜜」
絵はインク壷と万年筆なのだが、あの形で娘が知っているのは
毎朝食べる蜂蜜なんだろう。

「これはソフトクリーム」
一度も食べさせたことがないのに、名前だけはなぜだかしっかりと覚えてしまっている。
不思議なものだ。

「そしてこれは、ヘリトクパー!」
自信満々に大声でこたえていたのだが、
残念ながら娘よ、それはヘリコプターだ。
ほとんど言い間違えがなくなってきたのだが、
これだけは、今でも間違えてくれる。
あまりにも愛らしかったので、食事の準備もそっちのけで
娘に駆け寄ると、
「パパ、もうご飯できた?早く作って!」
と催促されてしまった。

今年の1月ごろまでは、海を「ゆみ」と言っていたのに。
ごく最近まで、すべりだいは「するべだい」だったのに。
娘よ、大きくなるのが早すぎないかい?
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ