FC2ブログ
娘と妻と3人で、フルーツホオズキの外皮をむく。
フルーツホオズキのジャムを作るために。
3歳にもならない娘が、僕や妻の手つきを見ながら、
上手に傷んだ実を見分け、外皮をむいていた。
3人向かい合っての作業。
「美味しい」ジャムは、この作業からもう始まっている。

そのジャムは、保育園で販売する予定。
売上は、保育園の増改築の資金に。
そんなに大量には作れないのだが、こうした取り組みが
毎日、誰かの手で行われている。
それが積もり積もって、900万円。
まぁ、ほとんどが献金なのだが。
だが、集める側にとっては、寄付と献金をお願いするだけでは、やはり辛い。
なので、こうして家族3人で、
保育園の増改築資金集めと称して
楽しくジャム作り。

フルーツホオズキは、小さすぎて出荷できないB品ばかり。
どうせ捨ててしまう物ばかり。
すこしばかりの手間を家族団らんでこなし
美味しいホオズキジャムは、買った人にも珍しいだろうし、
売上は保育園の資金にもなる。
栽培法にこだわったホオズキをベースにして作った無添加の手作りジャム。
こだわりの保育園に通わせている親たちならば、
その価値も解ってくれるだろう。

使用価値、交換価値、共に高い商品を
Win-winの関係の中で作る。
そう思えば、なお楽しい。
関連記事

Win-winってなんですか?
私が最近作ったアニメのタイトルが「ワインワイン」だったもので反応しちゃいました。
美味しいジャム、できたかな??

ノナさん

Win-winの関係とは、誰も損をしない関係です。みんなが得をする関係のこと。誰かの犠牲や誰かを搾取しないと得しない関係ではない、ということです。

金銭的利益をさす場合が多いのですが、人の関係をさしている用語なので、主体的な気持ちや楽しさなんかも当てはまると思います。
要は気持ちの持ちようじゃないかって思うことが最近は多いです。

おいしいジャムできましたよー。
今日、保育園で販売です。
売上は、増改築の資金になります。
市場価格で100グラム500円もする高級食材のジャムなんだけど、買う側はそんなことは知らないだろうから、たぶん格安での販売になるかと思います。
「価値」なんてそんなものですよね。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ