NHKスペシャルを見る。
「インドの衝撃~貧困層を狙え~」である。
巨大企業が、インドの貧困層をマーケットに変えていく、という話なのだが、
これをどう解釈すればいいのか、すこし混乱する。

従属論的に見ていけば、
巨大企業による農民の消費者化であり、
自給できていた存在から、ただ単に消費するだけの存在へと変えていく話でもある。
しかし、番組の事例として出てきたユニリーバの石鹸指導では、
内容的には公衆衛生指導であり、村の生活改善につながっている。

ITCによる農産物取引の事例では、
公設市場を介さないで、ダイレクトに農家と取引をするケースが紹介されていた。
農家はより高く農産物を売り、
ITCはより安く農産物を買うことができる。
さらに、ITCが主催するショッピングモールでの農産物の換金によって、
農産物を売った農民が、その現金を消費できる場所を提供しているという巧妙な商売が
紹介されていた。
このケースで危惧されることは、
農民の農地構造である。
アジアの多くで見られる地主‐小作の土地関係がインドでもあるとしたら、
(僕はインドの農業構造には詳しくない・・・)
ダイレクトでITCと取引できるのは、誰なのであろうか?
番組で紹介されていた「農民」とは、農民のどの層のなのであろうか?
ITCの望む規格と品種は(地主が望む品種と規格)、
小作の望む規格と品種が一致することは無いであろう。
小作は多収で耐病性に優れた品種を望むだろうし
そういったものの多くは、食味が悪かったり加工に適さないことが多いのだ。
電信の発達によって(パソコン・インターネット)、
このシステムを通さないで直接ITCとやり取りを出来るシステムは、
流通の近代化であろうが、農業構造自体が近代化されるわけではないため
マーケットの欲求をすべて小作がかぶるという悲劇が生まれることは
たやすく想像できる。
公設市場の機能として、農産物の質の均一化があるのだろう。
そしてそれは地主にとっても小作にとっても益することはないのだが、
どちらかに負担がかかることでもない。
流通システムの変化によって、地主と小作間の利益に変化が生まれることには
先日読んだ守田志郎も指摘している通りであろう。

巨大企業による消費者化と言う構造的問題も
内容的には生活改善運動とみることも出来る。
また、農業構造(特に土地構造)に注視しないで行われる流通改革は
その企業とそれにアクセスできる農民にとって利益となるであろうが、
零細農家や小作にとっては不利益になることが想像できる。
(このことは放送内では指摘されていないが)
この2点について考えさせられた。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ