地元の農林高校へゆく。
昼食を兼ねて、インドネシアの農林高校との交流事業のこれからを
話し合う会に参加するために。

交流事業は今年で13年目。
その間、学生派遣団を7回インドネシアに送り、
約10名のインドネシア人を短期で日本に受け入れている。
今日の昼食会では、歴代の校長や
派遣団でインドネシアに行ったOB・OGなどが集まり
これからの交流事業について話し合った。
僕は通訳兼アドバイザーとして参加。

正直なところ、交流事業の現状は停滞気味といっていいだろう。
受け入れも派遣団もマンネリ化してしまっている。
初期の頃は、インドネシアへの派遣においても
学生の応募が殺到する中、弁論と面接で選考を繰り返し
10名程度を送り出していたのだが、
今では、放って置くと、応募がほとんど無いため
関心を持ってくれそうな学生に声をかけて、
なんとか派遣団を組織している有様なのである。

学生からも先生からもよくこういう風に言われるのである。
「インドネシアなんて途上国に行っても、何も学ぶものなんて無いんじゃないですか」と。
うーん、このご時勢にこの台詞がどこからひねり出てくるのか
僕には皆目検討もつかないのだけど、
そういう現状なのだ。
そこでそれを打破するため、
現校長が声かけを行い、昼食会を開くこととなった。

昼食会に参加したOB・OGからは、積極的な意見が聞かれた。
「あの派遣団に参加したことが原点です」と語ったあるOBは、
それから毎年のようにインドネシアに旅行に出かけているという。
「今の仕事に直接関係はしていないですが、それでもあの経験は今でも忘れることは無いです」
と語るOGもいた。
辛い時や理不尽な事があると、派遣団で経験したことを思い出し、
やり過ごしています、という人も多かった。
なかには、それがきっかけとなって留学した人や
学生国際会議に参加するようになった人、
青年海外協力隊に参加した人まで様々だった。

この事業を立ち上げた元校長は、
「血気多感な若者には、こういった交流事業で派遣しても、あまりにも多くの影響を受けすぎて、すぐに効果は見えてこないものです。でも、何年も経って初めてその成果が、じわじわと見えてくる。そのためにもこの事業を継続することが大事です」
と締めくくった。
僕も同感だ。
目に見える成果だけを追い求めすぎる結果が、
今の交流事業を萎縮させているのかもしれない。
問題なのは、今の教育現場での評価のあり方なのかもしれない。
そんな話を、元校長とする。

通訳以外に僕に出来そうなことは余り無いのだが、
この交流事業がきっかけで、僕はあちらの農林高校の実習助手であるH君を
研修生として受け入れる事ができている。
僕の研修事業とこの高校の交流事業。
もう少し交わる点が多くなると良いのかもしれない。
そう思った。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ