FC2ブログ
久しぶりに、土曜日に時間がとれたので、
インドネシアの研修生H君をどこかへ連れて行くことにした。
福井に来て、すでに2ヶ月経ったのだが、
観光地らしい観光地にはまだ一切連れて行っていない。
なので、H君が望む場所へ連れて行くことに。

といっても、H君、福井のことなどさっぱり知らないのである。
そこで、ここ数日福井の観光地のレクチャーを仕事の合間に
簡単にしていた。
代表的なものは、
禅寺の「永平寺」
景勝の「東尋坊」
はたまた日本一の博物館「恐竜博物館」などなど。
どれも興味深そうに聞いていたのだが、
今日、H君にどこへ行きたいか尋ねると、
「電気屋さんに行きたい」
と答えた。

理由を聞いてもはっきりしなかったのだが
とにかく彼の要望でもあったので、地元の電気屋で大型量販店へ行くことに。
そこで彼が興味深く眺めていたものは、
デジタルカメラ
パソコン
そして携帯電話
だった。

それらをじーっと眺めて、H君が一言
「安くない」。
そう、彼は「日本は家庭電化製品が安い」と思っていたのである。
多くのインドネシア人が、
「日本は家庭電化製品が安い」
と信じている。
たぶんそれは秋葉原のような場所がクローズアップされているからであろうが
一般の量販店での価格比較では、
日本の家電が、インドネシアより特に安いわけではない。
インドネシアでも、首都ジャカルタの中華街へ行けば
日本よるずっと安い家電が買える場所があるのだ。
パソコンに関して言えば、ノート型は別だが
デスクトップ型であれば、最新モデルでも5万円も出せば
買えてしまうのである(交渉次第でプリンタも付いてくる)。

デジカメとパソコンの値段の高さにびっくりしたH君は、
「他のお店は福井には無いの?」と言う。
福井の大和田地区は、家電激戦区でもあるので
他に電気屋はあるのだが、値段はそれほど変わらない。
がっかりしていた様子だったが
それでも携帯電話売り場を見つけると一転。
0円と表示されている最新モデルの携帯電話にH君は釘付けだった。

インドネシアでは、携帯電話もかなり普及している。
しかし、クレジットカードによる引き落としではなく、
プリペイドカードによる料金納入システムとなっている。
なので、インドネシアでは携帯電話本体の値段は非常に高い。
そのため、日本で0円と表示されていると驚くようである。

ただ、プリペイドカード式の場合、使わなければ料金はかからないが
クレジットカードによる引き落としシステムだと、
基本料と称して、毎月かならず引き落とされてしまう。
しかもプリペイド式よりも、通話料でいくら使ったのかが
解りにくいという欠点もある。
H君の場合、インドネシアにも電話をすることがあるだろうから
通話料だけで毎月何万円ということもありうる。
なので、おススメは出来ない、と彼には言っておいた。
日本での友人が増え、連絡を頻繁にとりたい場合は携帯を買うがいい。
あと恋人でもできたなら、すぐにでも買えばいい。
ただし、ホームシック気味の今、携帯を買うのはおススメできない。

もう1点、H君が理解しがたいことが1つ。
それは、日本の携帯電話は、インドネシアに持って帰っても
あちらのプリペイド式の携帯電話としては使えないということ。
0円で手に入れて、インドネシアで高く売りさばけば儲かる、なんて浅はかなことを
考えた日本人・インドネシア人は多いだろう。
(インドネシアでは最新モデルであれば、中古の携帯でもかなり高値で売買される)。
だが、それらはかならず失敗する。
なぜなら、僕はすでに実証済みなのだ。
日本の携帯電話(ノキア)をインドネシアで売ろうとしたのだが、
中身のシステムを変更させるのに(クレジットカード式→プリペイドカード式)、
かなり金額がかかってしまうのである。
そのため、改造費が買値を超えてしまうケースがあり、
まったく儲からない。
H君には、そのあたりもきちんと解説しておいた。
さらにH君が一番気になっていた携帯メール(国際メールSMS)は
インドネシアに送ると、1通100円という法外な値段に設定されているという
説明をするとなんだか納得していた。
(格安国際電話カードを利用すると1通20円程度:これも説明済み)。

こうしてH君の福井観光1日ツアーは、
家電量販店で、異文化理解を深めて終了した。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ