自分ややろうとしていることが、また一歩前進した。
それは研修の受け入れ。
インドネシア人の研修生は、バンドゥンの農林高校と連絡を取り合い、
なんとかこの4月から来ることになっている。
インドネシアの農業に、これでようやくがっぷりと四つになって
関わることができるのだ。
そして、それと同時に自分の構想の中では
もう1つの研修の受け入れも考えていた。
それは、
青年海外協力隊に行きたいという人の研修の受け入れ、
である。

農業の職種で協力隊の試験に合格した人でも、
農業の経験が十分な人は、それほど多くはない。
そういった人を対象に協力隊事務局では、
補完訓練というものを実施している。
この補完訓練の受け入れ先になろう、とひそかに考えていた。

昨年の秋ごろからあちこちにそういった話をしてきたのだが、
その種が今になって芽をだした。
今すぐ受け入れられるわけではなさそうだが、
補完訓練の受け入れ先として、
事務局のほうに登録してもらったとのこと。

僕の圃場から世界で活躍する青年が誕生する日も近い!?
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ