妻が出張で東京へ。
そして再び『ぷち父子家庭』になる。
今回はたったの3日間の予定。

ただいつもとは違う条件がある。
先週まで義父(妻の父)が遊びに来ていて、べったりと娘と遊んでくれていた。
だから先週は、ほとんど1週間ほど、我が家はにぎやかだった。
娘もそのにぎやかさに、興奮気味だった。
そして今日から、父と娘の二人だけに。
そのギャップがどうでるか。

お昼に東京へ向かった妻に代わり、保育園のお迎えは僕が行くことに。
保育園ではまだ外遊び中で、泥だらけの娘。
僕を見るなり、うれしそうに手に持っていた泥団子を口に入れる。

さて、お迎え後。
まだまだ仕事をしたい僕としては、娘を連れてそのまま畑に直行。
懸案だったにんにくを植えつける。
2キロの種にんにくが、思ったよりもあり、畑の場所が足りなくなる。
来年は1キロほどにしよう。

さて保育園の泥だらけに、畑で拍車をかけた娘をつれて、
近所の温泉へ。
このあたりから、『ママー、ママー』の連呼が始まるが
その度に、僕が返事をすると、不思議そうに僕の顔をみていた。

晩飯は、いつも食欲旺盛なのだが、母がいないせいか、食いが悪い。
歌を歌ったり、踊りを踊ったりしながら、なだめすかして、完食。

大変だったのは寝る時。
娘はいつも妻の腹の上にのっかかって寝る癖がある。
変な癖をつけたものだが、今晩もそれをしようと僕の腹の上に乗るのだが
どうも妻よりはごつごつしているようで、それが気に入らないらしい。
あちこちごろごろしながら『ママー、ママー』や『じじー、じじー』
を連呼していた。ようだ。
というのも、どうやら途中で僕が先に寝てしまったらしいのだ。
夜中に目が覚めたときは、娘は自分の布団でちゃんと寝ていた。

娘もうすぐ2歳。
ほっておいても何とかなるようになってきた。
とりあえず1日目終了。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ