研修事業。
遅々としてだが、着々と進んでいる。
インドネシア人の選考は、この前、
あちらの農林高校の校長が来たときに、ある程度話はついた。
次は、受け入れる施設の建設だ。

今週資金の目処がつく。
農協から借りることになっていて、審査もどうやら通りそうだとのこと。
大工とも打ち合わせをして、来月下旬から着工となった。
少しずつだが、前進している。

さてそんな中、農協から連絡がある。
『タヤさんの出してもらった資金借り入れの書類なんですけど、数点お聞きしたいことがあるのでご足労願えませんでしょうか』。
さっそく農協にいくと、僕の家族についてのことだった。

いろいろな経緯があり、
僕ら家族は日本国が勝手に定めている婚姻の法律に
すこしだけ外れた形をしている。
そこで別途住民票を提出してくれ、とのことだった。
そんなことは慣れっこなので、さっそく提出すると、
担当者が僕の住民票を見て
『あれ?奥さん日本国籍の方なんですか?』とノタマフ。

どこでどういう噂をされているのかしらないが
その担当者は
『私は、てっきりタヤさんの奥さんはタイ人だと思っていました』とのこと。
妻とその担当者は直接面識には無いので、外見で判断したのではないのだろう。
僕が長い間、インドネシアに行っていた事、
そしてあっちで嫁さんを見つけた事、などなどが噂になっており
それで僕の嫁さんが『タイ人』ということになっていたんだろう、と推測する。
しかしそれにしたって、『タイ人』じゃなく『インドネシア人』だろうに。

妻の職業欄に『大学講師』と書いたのだが、その担当者曰く
『自国の言葉を大学で教えているのだと思っていました』とのこと。
自国語は日本語ですよ、と僕。

こうして資金の書類は審査を通ることとなった。
関連記事

一夫多妻

へ~、俺はてっきり日本とタイに奥さん一人ずついるのかと思ってた。

あああ、そうか、そういう噂になっていたんですね。
納得。
インドネシアは一夫多妻はOKですが、
僕の妻は1人です。あしからず。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ