お盆は、稼ぎ時。
なのだが、今年はあてが外れた。
僕の主力野菜であるベビーリーフの注文が
昨年の半分ほどしか無い。

理由はいくつかあるのだが、
昨年との大きな違いは、大手のスーパーが僕のベビーリーフを
広告特売しなかったことである。
梅雨のころに、ベビーリーフの生育が悪く、
注文に答えられなかったことがあってのことか
お盆の特売から外されてしまった。

昨年同様の出荷を見込んで、せっせと種まきをしたのだが
それらのほとんどがゴミになってしまう見込み。
一括して大量にさばくことのできる市場は
僕にとって有難い一面があるものの、
価値あるものが一瞬にしてゴミにもなってしまう。

物そのもの自体に価値は存在しない。
すべては関係の中から生まれてくる。
だから、ベビーリーフの価値は、ベビーリーフが持っているわけではなく
それを作る側と買う側の関係から生まれているのは解る。
ただ、僕とベビーリーフとの関係(栽培を通して生まれる関係)から
生まれた価値は、その市場では、ときどき無視されてしまうことがあるのだ。

僕が尊敬してやまない近所の農家は
『昔は、美味しいと思う物が売れると思って、それを一所懸命手間隙かけて作っていたけど、最近は売れる物が売れると解ったよ』と教えてくれた。
だから僕らは、売ることに関しては、野菜や自然との関係よりも、
買う側との関係を強調してしまう傾向にあるのかもしれない。

僕と野菜や自然との関係で生まれてくる価値を
買い手側とも共有できれば、良いのになぁ。
などと、そんな力量も才能もない僕は、ただただすくすく育つ
『ゴミ』の前で考えていた。
関連記事

食いなさい、ひたすら。

ベビーリーフってなに?
って言う状況ですが、
ツマモノかな?
で、結論は
食いなさい、ひたすら。でしょう。

たやさんの野菜をメインに使わせてください
どうすればいい??
八百屋ははずせないけど...
普通に料理しててもつまらん

サレポアさん

メインでつかいたい・・・うれしい一言!ありがとうございます。
どの野菜でも言ってくれれば、八百屋と話をしますよ。
ただベビーリーフは、間に他の業者もいて、ちょっとややこしいので、単価を下げることが難しいかもしれません。
あと、メインとしてたえられるような野菜を僕が作れるかどうかもありますが。
もしよろしかったら、こちらから直接ご連絡しますよ。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ