06 17
2007

畑にパラソルを立てる。
オープンカフェの野外席なんかに用いられるような大きな日傘。
娘を畑で遊ばせるために。

インドネシア、カンボジアと農村と日本の農村の大きな違いの1つが、『木がない』ということ。
日本では、田んぼの畦や畑の中に木があるのを見かけない。
僕が見てまわった国々では、大きな木が堂々と畑の真ん中に生えていたり、田の畦にどっしりと生えていたりしていた。
そしてそれらの木は、農作業の休憩に使われ、農民に涼を与えていた。
実に心地よい存在だった。

それがうちの村にはない。

日当たりを遮ったり、機械の効率を悪くしたり、病害虫の巣になったり、と農学的な視点から、その弊害を書き連ねることはいくらでも可能だろう。
でも、おかげで、畑の近くで一服できる場所がまったくない。

木の代わりにパラソルをたてる。
すこし風が吹くと、大げさにゆれる。

やはり、木を植えたいなぁ。
関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ