4月の下旬に農業を体験したいという若者をあずかった。
『1週間だけ』と期限付きで。

忙しい時期でもあり、うちとしては大助かり。さんざん働いてもらったのだが、何を思ったのか、『ゴールデンウィーク中も来ても良いですか?』というので、研修期間が過ぎてからは、バイトとして働いてもらった。そして今日、その最終日。

これまでの人生で、いろいろと落ち込むこともあったようで、とにかく『何者』かになりたい焦りを感じる若者だった。こういう若者に『ゆっくりやっていけばいい』というだけでは、酷だ。彼は『ここに来てから毎日、ビールが美味いんです』という。時間を有効に使っている、という充実感が、その心地よい疲労と相まって、仕事後の一杯のビールを美味くしてくれるそうだ。

彼を見ていると、10年ほど前の自分を思い出す。目の前には、無数に漂う選択肢ばかりで、どれもこれも掴もうとしてもつかめない。必死に何かにしがみつき、そしてまた何かにしがみつき、その連続のあと、ようやく漂わない少数の選択肢が、目の前に並ぶようになった。これだって選ぶのは大変なのだが。

農業は楽しかったけどしないかもしれません、と彼。
何だって必死にやるといい。毎日をそれなりに疲労し、充実感で満たされていけば、自分が『何者』であるか問うことを忘れ、気がつけば、後付で『何者』かになっているだろうから。
関連記事

何者?くせ者?お調子者?........どれかになってるだろう。

ちなみに俺は、大物になってくだろう?

何者?

難しく考えず、いろいろ手を出していって、いいんじゃないかな?!

自分もいろんな会社に勤めていて、いろんな人との繋がりも持てたし、いろんな考えを知ることにもなったし、

今を楽しく、生きてるだけで儲けもん!!

太字の文これでOKだよ!

自分はそこまでおおらかにはなれんけど・・・
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ