やっぱりまわって来たか。
若手農業者クラブでやっている『プロジェクト発表』の順番が。
毎年、誰かは発表しないといけない。そして今年、他の人がやる予定だったのが、いろいろな経緯で、僕に回ってきてしまった。

それぞれの農家(もしくは団体)が、それぞれの圃場でその年、実践的に実験したものをプレゼンするも催し(発表時間は7分間)。県レベルで発表コンペに勝てば、北陸ブロックへと進む。そこでも勝てば、全国大会。発表内容としては、○○導入による増収、やら、○○品種における生育比較、など、自然科学的(農学)に農業に切り込むプレゼンが多い。

実は、こういうタイプの実験は、僕は苦手なのだ。対象区を設けて実験を行い、差異を自然科学的に厳密に検地するというやり方が、あまり得意ではない。増収・省力化・食味向上などなどが研究テーマになることが多いが、うーん、今の僕の関心事とはすこしかけ離れている。

さて、何をやろうか。
関連記事

簡単・簡単

ちょっと難しく考えてはいないかい!去年の発表では、自分の経営を話していた人もいたぐらいだ。
てきとうに、ガンバレ!!

釣吉農園さん

はい、てきとうに頑張って全国大会を目指します。
ただ僕の話を聞いて、みんながひかなければいいなぁ、とそれだけが心配です。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ