FC2ブログ
2月は逃げる。
というが、まさにそう。
という言い訳が通じるわけではないが、
昨年の2月に来たデディについて
まったくエントリーを残していなかった。
ごめんよ、デディ。

彼はタンジュンサリ農業高校を卒業後
大学で学び、
農園にやってきた。
大学は主席で卒業らしい。
その片鱗は、日々の授業や
仕事ぶりでもよくわかる。
2020年はシティとデディという意味では
実習生の質は最も高かった年だろう。

その彼。
実家は農家。
バンドゥン県のパガレガンという
レンディやデデ、ダニと同じ出身地で
お茶畑が有名な高原野菜地帯。
この地区は、かなり人材が揃っている感じ。

さて。
今、そのデディに協力してもらって
ちょっと面白いことをやっている。
それは他の実習生に対して
「技能」とは何かというワークショップ。
日本で得られるモノについて
実習生たちの思考に迫ろうという試み。
あ、別にドナーがいてやっている調査ではなく
実習生が得られるモノを書いた論文を
いくつか読んでいるうちに
気に入らなくなって
だったら自分で調べようと思ってやっていること。
ま、暇ってわけじゃないけどね。

で、デディをそのファシリテーターとして
今、鍛えている。
利点は3つ。
彼は見込みあるので
こういう仕事を今後インドネシアでも
ちょいちょいと使うには
ここで鍛えておこうかというのが1つ目。
あと、僕がファシリテートすると
実習生たちが怖がるというのが2つ目。
言葉も下手だしね、僕は。
細かい意図が通じないと、
こういうのはうまくいかないので。
最後が、彼を通じて福井に
インドネシアの実習生の大きなネットワークを
作ろうかという試み、で3つ目。
誰か中心となる人がいないと
職場も休日も遊ぶ場所もばらばらな
外国人のネットワークは
面的な地域では作りにくい。
彼ならその素質は十分ある。

今後、仕事で若手のファシリテーターを
育成することもあるだろうから
今のうちに僕もファシリテーター育成に
慣れるという意味では、4つ目の意味もあるか。

その彼、とりあえず
この前一回目の実地でのワークショップを実施。
丁寧な言葉遣いと
停滞しそうな参加者の思考へのアプローチは
非凡だったが
まとめに近づくと
どこに落とすべきかで
自ら迷走していた。
カチッとした着地点は
無くてもいいかもしれないが、
参加したみんなが
楽しかったという時間を共有するには
やったことの意味をもう少し
どこかへ方向が浮かび上がればいいなぁとも思うけど、
どうなんだろうね。

というわけで、
新たに実習生を
実習生たちのファシリテーターとして
育てる楽しみができました。
デディ、次は漁港で働くインドネシア人を
ファシリテートしようぜい!

Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ