FC2ブログ
コロナ禍で
インドネシアの高校では
授業はオンライン化している。
タンジュンサリ農業高校でもそれは例外ではなく
必要な実習を除いては
学生は通学せず自宅等で学習をする毎日のようだ。
オンライン化といっても
授業をリアルタイム配信しているわけではない。
先生それぞれが授業をYouTubeにアップして
それを学生が視聴する方式。
というのも、ネット環境がまだまだ安定しない同地において
リアルタイム配信では
みられる人とそうじゃない人に分かれてしまうからでもある。
雨の日や時間帯によっては
ネット通信できないこともある。
同地の新聞には
ネットの電波を探して木の上に登ったり
屋根に上って怪我をする学生が増えている
という記事もあるくらいだ。

さて、
そのYouTube授業に
農園たやのスタッフと技能実習生の有志4名が
(アンギ・シティ・立崎・森田)
協力している。
タンジュンサリ農業高校には今年度から
日本語授業が正式に採用された。
それは農園の立崎がJICA協力隊として同地に
農業の先生として派遣していたことがきっかけでもある。
彼女が昨年帰国し、それに合わせて正式に日本授業を
学校が採用した形である。
それに対して何か協力できないかと考えていたが
たまたまコロナ禍になり授業がYouTube配信になったことで
日本からの協力もしやすくなったという事情もある。
こういう場合はコロナも怪我の功名といったところだろうか。

さて、
現在2回分がアップされている。
そのリンクは、以下の通り。

1回目:https://www.youtube.com/watch?v=ws7NI75t0Pg&list=PLv-YLV1LLdwQRWlIrWe8QgafPK--0k8i4&index=2

2回目:https://www.youtube.com/watch?v=7hc98fl2cbM&list=PLv-YLV1LLdwQRWlIrWe8QgafPK--0k8i4&index=1&fbclid=IwAR24sQou5inq00NLFlczsBigKUax4A2zCOMsKGNpQO-HbdpV7UzVnhe56eY

日本語を簡単に覚えながら
日本の農業事情も学ぶ授業である。
ちょうどこの制作を行っていた時に
あるドキュメンタリー番組のクルーが撮影に来ていたのだが
そのディレクターの質問に立崎が
「協力隊で派遣されたからこそ、たくさんの人と知り合えて、知り合いが増えた中でこうした活動や仕事ができています。オンライン授業をしようというアイディアは前からありましたが、あまり現実味がなかったのですが、今は向こうの先生との関係の中でこうした活動ができるようになりました」
と語っていた。
そう。そうなんだよね。
アイディアだけなら
誰でもこういうのは思いつく。
これが実現するのは、それぞれの関係性の中でだ。
自分個人の能力がのびるかどうかも
仕事の幅が広がることなんだけど
それよりもダイナミックなのは
人との関係の中で広がっていくことなのだ。
言葉では簡単でも
これを海を越えたインドネシアの高校との関係は
誰でもが築けるものではない。

この関係の中で
僕らはまだまだ発展していきたいね。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ