FC2ブログ
JICAがお金を出して
一般社団法人ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(ASSC)が
事務局を担当して、
外国人を受け入れている企業を募って
「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」を
本日設立した。

このプラットフォームが
何を目指しているかの詳細はそれぞれWeb等で確認してほしい。
が、その趣旨の根本は「選ばれる日本」ということだろう。
人手不足は日本だけではない。
韓国や台湾などの近隣諸国も
外国人労働者受け入れに力を入れていて
その競争は年々激化しつつある。
そんな中で、日本を選んでもらえる国にするという
メッセージがその設立趣旨の中心だった。

基調講演に池上彰と
ベトナム送り出し機関の社長(ベトナムの女性)という
とても興味深い組み合わせだったが、
池上彰は、外国人受け入れのすでに周知されている
問題(人口減、労働環境等)の枠以外に
何か新しいことを提示はできなかった。
ベトナムの社長さんの話は、
ベトナム人の視点からの語りが少しあり
外国人に無関心な日本人を問題視していたくだりが
秀逸だった。
ただ日本よりに話しているというか
エリートの視点が強すぎて
ベトナムの技能実習生から見える日本は
彼女のプレゼンからは見えてこなかったのは残念。
法外な値段を請求するブローカーも問題視していたが
彼女の立場なら自国のブローカーが
どのように派生しているかは
当然知っているとは思うので
そういう赤裸々な話が聞きたかった。
そこにはもちろん多くの日本人もかかわっていることも。

ま、ブローカーというのであれば
僕もそのひとりかもしれないけどな。
方向性は180°違うけど、そんなことはどうでもいいか。

さて、ある意味凄かったのは
パネルディスカッション。
トヨタやミキハウスの大手企業や
外国人を多く抱えている自治体である
群馬県太田市の市長、
そして外国人研究者の毛受さん。
サプライチェーンの中で
大企業が中小のサプライヤーの
外国人労働者受け入れと
その待遇をどう考えているのかが
とても興味があったが
どちらの企業も確固たる方針はなく
ただサプライヤーとの調整をして
正しい外国人労働者受け入れを
目指すという話に終始したのは
ちょっと残念だった。
とくにトヨタは、日本では多くのブラジル人労働者が
働いている環境でもあり
また海外の工場の現状からも
どのようなクリーンなモノづくりをしているのかを
語ってほしかったのだが
なぜか語られなかった。というかもしかして
特筆するほどのことがないのだろうか?
そんなことはないと思いたいが。

ミキハウスは自社のサプライヤーの工場で
不適切な外国人労働者環境だったということで
慌てて社内の方針を作った話をしてくれた。
その経緯は面白く
同様にあまり関心を払ってこなかった
企業にとっては参考になるかもしれない。
が、それは特に「選ばれる日本」像ではない。

太田市長はもうぶっ飛んでいたとしか言えない。
ブラジル人街ができるほどの外国人を受け入れ
多文化共生を謳っているにもかかわらず
「仕事にバスで運ばれてバスで帰っていく。どこでどうしているのか実態は全く掴めない」や
「お金は全く使わずに母国へ持って帰る。イベントに参加してもらうのも難しい」
などという発言を繰り返し、
それらの視点がどう多文化共生になっているのか
まったく理解できなかった。
基調講演のベトナムの社長さんの
「外国人に無関心な日本人」の代表のような語りが印象的だった。

法令順守、受け入れ待遇改善、交流、
そんな言葉が飛び交っていて
それがどう「選ばれる日本」につながっているのか
道筋は全く見えない。
活動基本計画では2030年までの
大きな目標はあったが
議論の方向性に
全くと言っていいほど
外国人労働者の視点がなかったのが大きな違和だった。
一緒に説明を聞いていたスタッフの立崎が
「どうしてここに技能実習生などの労働者の代表がいないんでしょうね」
と、ぽつりと語ったのがとても印象的で
僕らの活動とこの総会での議論との断絶の深さに
ただただ呆然とするだけだった。

ただ希望もある。
僕らのやってきたことやこれからやろうということには
僕らが思っている以上に意味があるということが
手前味噌で悪いけど
強く感じた。

選ばれる日本の主体は
「日本」だけではない。
日本を選ぶ海外の若者たちもその主体である。
彼ら彼女らが何を想い
どういう境遇の中にどういう選択をして
そして何を夢見てここにきているのか。
ここにきて何を見て何を感じ何を考え何を夢想し
そして帰って行って何に行動したのか。
そんな主体が抜け落ちてしまっている議論は
とてもまっとうではない。

僕らはこれからも
海外の若者の肩越しに
彼ら彼女らが見るであろう景色を一緒に見ながら
その先を一緒に考えていく。
外国人労働者の受け入れが
その企業やその地域と彼ら彼女らの地域を
成長させる出会いの場として機能するまで。

少しだけ追記:
総会の基調講演からパネルディスカッションを通じて
企業からは、行政による規制や指導強化の必要性を訴え、
行政からは、企業による努力を促していた。
両方が必要なのはわかるが
どうそれらがクロスするのか
そしてそれが「選ばれる日本」にどうつながっていくのか
これからだとは思うが
設立のシンポジウムとしては
あまりに方向性の見えない感じが少し気になった。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ