FC2ブログ
今年もこの時期が来た。
実習3年生になる子たちが迷走する季節。
ビジネスプランがある程度見えてきて
この1年をさらに加速させる仕組みとして
3年生は卒業研究をする。
この卒業研究のプロポーサルづくりが
毎年3年生を苦しめる。
思考を繰り返すことで、これはこれでいい勉強になる。

さて、フィルマン。
彼も毎年の風物詩のように
苦難にぶつかっている。
彼は野菜の移動販売のビジネスプランを作成中で
それに合わせて卒業研究をする予定になっている。

インドネシアの野菜の小売りは
日本ではあまり見かけない形態が主流だ。
いわゆる「ふり売り」という形態で、
小売業の人たちが市場で仕入れてきた野菜を
押し車や自転車、バイク、車などをつかって
町々や村々を売り歩いていく。
インボリューションとも形容されるそれらの小さな産業は
それぞれの状況に合わせて
複雑に姿を変え続いている。
僕らが当たり前のスーパーで野菜を買うというのは
最近でこそ増えてきているが
まだまだ少数派なのである。

さて、その販売をするにあたり
彼はその経験もほとんどないし
親族にその経験を持つ人もいない。
大抵、こういうリソースの少ない中で
立てたビジネスプランは失敗が多く
僕の少ない指導経験でも
フィルマンのビジネスプランはかなり危うく見える。
イラ、カダルスマン、イマンが
これまでそういう例だったというのは余談。
ま、その議論は別のエントリーに譲るとして
ここでは卒業研究に集中しようか。

彼の研究では
やはり本業への参入リスクを減らすために
ある程度、どのようなリスクがあるのかを
あらかじめ知っておくほうが良い。
そのため彼が考えたのは
利益率と仕入先の2点に絞って
それぞれの業態によって違いがあるかどうかを調べるというものだった。
押し車、バイク、車、店売りの4つで野菜の販売の
仕入れと利益率を考えるというのである。

これはある意味調査になりそうに見えるが
実はこれではだめで、
それぞれの業態の違いが
仕入れと利益率の違いに結びついているという仮説が
正しければ、この調査対象と調査項目の選定は正しいが
実際にはそんなことはない。
押し車とバイクと車と店で比べれば
積載量の違いによって野菜の扱い量が違うと勘違いするが
実は、押し車であっても
その押し車の人員を10人雇っている人もいて
個別のユニットの積載量と個人の持つビジネスの大きさは比例しない。
野菜の仕入れは量が多いほど
安価になるので、ユニットの積載量よりも
一括してどれくらい買うのかというビジネス規模が
この場合は大きく関係するかもしれない(たぶんするだろうけど)。
だとするとフィルマンの仮説は
全くの偏見でしかなく、
調査しても正しい結果に到達はできない。
ま、そういうことも要因に含まれるのだとわかるのも
勉強だけど
それだけがわかってもビジネスに成功する要因を
高めることに少し弱いので
卒業研究をそこまでの射程だとするのは
僕としてはかなり不満だ。
業態とビジネス規模を
どれくらいサンプリングしたらいいのかも含めて
議論は袋小路に入りつつある。

さて、ここからフィルマンはどうするだろうか?



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ