FC2ブログ
今年の実習3年生の研究も面白い。
ダニの研究は、
ソシンという葉菜類の栽植密度と収量と販売額の
三角関係を調べるというもの。
農学の分野なら、栽植密度と収量ってことだろけど
それに経済社会学的&経済人類学的要素を加えて
彼がアクセスできる販売形態に合わせての
販売額の違いを加味したところに
今回の研究の面白さがある。
これを農家自身が考えることができたなら
僕が思っている理想的な「考える農民」に
かなり近づく。はずだ。

ダニの研究は終盤を迎えていて
厳密にはまだ考察であと二転三転する可能性はあるが
研究の方向性は固まっているので
ここで先んじて記録しようと思う。

ソシンの栽植密度を
政府推奨と学校で学んだやり方と
地元の篤農のやり方の3つで検証。
で、一番とれるのは?というのはナンセンスで
販売してなんぼなので
地元のアクセスできる市場で
どのような尺度の価値でそれを評価するかを
インタビューして
それに合った収穫をした場合
どの方法が一番販売額が高くなるかを計算する。
ただ、それでも不十分で
ダニのリソースとして
経営に投入できる労働力は3人分ということと
彼がここで得たお金で買った土地の広さとを加味した場合、
販売形式によって(たとえば、束にするのかバラで売るのか)
栽培できる面積が変わる。
さらにブローカーへの販売方法として
自分で持っていくのか
買い取りに来てもらうのか
さらには収穫人も連れてきてブローカー側で収穫するのかの
3パターンでも経費を計算する。
この場合、車をチャーターして持っていく場合、
バイクの場合、車を購入した場合、
など積載量や経費の多寡も変わってくるのを加味する。
そうした要因をすべて考えて
彼はどの方法が一番儲かるのか、もしくは
一番効率がいいのか(儲かると効率がいいは別だよ)、
を彼自身が自分の経営スタイルに合わせて
考える素材にする。
このパターンが出そろえば
行為能力(エージェンシー)は
考える農民たるように発揮される。
ま、これが僕の指導するビジネスプランの肝でもあるんだけどね。
タネがわかれば意外に単純なんだけどね。

で、彼は今数字を見て逡巡している。
自分たちで収穫するほうがいいのだけど
それだと面積は狭くなる。投入できる労働力に限りがあるから。
安いけど、収穫人を大量に連れてこれるブローカーに
収穫を任せると
栽培面積は一気に増やせる。
雑草管理も考えれば
それはそれでとても重要なことだし
ちょこまかと作るよりも
収入は多い。
ここまで考えることができれば、
実はブローカーと農家は従属関係ではなく
戦略的に販売するその選択のイニシアティブは
農家の手にあることに気が付くだろう。
この彼が逡巡する判断基準が
僕にとても贅沢なやり取りに感じる。
もう少しこの贅沢な時間を
彼と一緒に過ごしたい。
発表まで2週間しかないけど
この2週間は
僕にとっても至福な時間となるだろう。
3年かけて鍛えた彼の計算力と
インタビュー力と思考力が
その結晶を見せる瞬間は、本当に美しいから。

あああ、ダニ
お前は本当に素晴らしい。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ