FC2ブログ
こういう問題に
すこし心が病む。
http://tayatoru.blog62.fc2.com/blog-entry-1962.html

自分で悩んでいても解決しないし
前進もない。
だったら、ここは当たって砕けようじゃないか。
送り出し機関で儲けるんじゃなくて
これを使って
派遣先の企業にインドネシアのこれからを
支えてもらう、そんな仕組みって
できないだろうか?

答えは
たぶん最初から頭の中にあった。
ただインドネシアで何かを成すときは
いつも自分の利益を後回しにすることと
動いてもらいたい
誰かの利益を最大にすることを
全力で推し進めること、
そしてそれが成しえた時に
その利益の構造をブラックボックス化しないこと、
既得権益化しないこと、
それらが絶対条件にすることが
物事が動く秘訣だと思っていたので
これから提案することに
自分は個人的にも会社の経営的にも
耐えられるのだろうかと
そこは少し算段をつけないといけないことでもあった。
回りくどく書いたが
ロジカルはいたって簡単。
送り出し機関を
タンジュンサリ農業高校と一緒に作るってことと
その利益をすべて
タンジュンサリ農業高校の高校生が
日本(福井)に行くための旅費に
してしまうということである。
はっきりいって
これは僕の組織的には
プラスはないし
ややもすると持ち出し部分が出る可能性もある。
雪害の借金を背負う僕らの組織に
それに力を投資する余裕があるのかと
問われれば
正直見えない。

でも機は、常に僕らの都合に合わせてくれない。
イマンが送り出し機関を自分の利益として
作り上げようとしているこのタイミングと
それに向けて
他の修了生たちのイマンに対する批判的な意識の高まりと
和歌山県の絡む特定技能詐欺がこのタイミングで起きたこと、
そしてタンジュンサリ農業高校が
ここ6年ばかり予算がなくて日本行きができなくなっている事実と
そろそろ福井農林高校側も交流事業もどうしようか
という空気感がある中だからこそ
やや僕としては時期は適当ではないにしても
周りの環境が今だと言っているのだから
やるしかないのだろう。

もどかしく書いたけど
簡単に言えば
タンジュンサリ農業高校の支援を受けて
農園たやの実習修了生でつくる耕志の会が
母体となって送り出し機関を作ろうという試み。
日本行きの借金を極力なくし
日本での実習期間中にビジネスプランの授業を
ネットを通じて行い
帰国後のビジネスの支援を
巡回指導と新規事業提案とマイクロクレジットという形で行う
そんな3in1的な送り出し機関を作ろうじゃないかってこと。
さらには、送り出し機関で出た利益で
高校生を日本に交流事業として連れていく費用にしちゃおうって計画。

この提案は
タンジュンサリ農業高校の校長や副校長の幹部からは
感嘆の声をもって歓迎され
実習修了生たちは、自分が立ち上げには参加できないが
組織が出来上がったら無償で協力したいと確約をしてくれた。
法人として登録するので
やや手続きが煩雑で
ローカルスタッフのタタンは
その話し合いの途中からすでに雲行き怪しい顔つきだったが
なんとかややこしい行政登録を済ませて
僕らの目指す
技能実習制度の正しい形を
提案する場を作りたいと思う。






関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ