FC2ブログ
技能実習1年生のダダン。
実家は乳牛農家で、
彼もその跡をつぐ気でいる。
その彼が今月実家の乳牛を2頭増やしたいと言ってきた。

近所の乳牛で、妊娠している牛がちょうど
売りに出ているとのことだった。
彼は2月に来日して、10月までに40万円ほど貯蓄しており
それでその2頭を買おう言う計画のようだ。

最初はほかの会社で働いているインドネシア実習生から
20万円借金をして3頭の乳牛を買おうと
計画をしていたのだが
友人同士のお金の貸し借りはトラブルの元だと
憂慮していたのだが
結局は彼自身が貯めたお金のみで投資をすることになった。

僕は乳牛経営のド素人なので
見当違いをしているかもしれないが
彼のビジネスプランを見ていると
えさの量や質、それを確保するための牧草地の面積や
おからなどの食品残渣の確保と
乳牛の品種、
そして乳牛の飼育環境の3つが
たぶん乳の品質と量に関係すると想像している。
なので、インドネシアのダダンの故郷の場合、
乾季における餌の確保がまず
乳量確保の要因として大きいように僕は感じる。

ダダンも、近くの先進農家の乳量と比べて
実家のそれは7割から8割しかないと分析している。
先進農家との決定的な差は
所有するもしくはアクセスできる牧草地の広さだが、
高速道路開発に沸くダダンの故郷は
農地の価格が高騰し、牧草地の確保は容易ではない。
なので、今回2頭の乳牛への投資は、
ただでさえ足りない餌を
奪い合うことになりかねないという不安はある。

牧草地もしくは食品残渣などで
餌をどこまで確保できるのか、
またサイレージ等を利用して
乾季の餌をどこまでストックできるのかが
今後のカギになるのではないだろうか。
それと同時に
牛舎の環境改善についても勉強をしていきたい。

やや前のめりに投資する彼に
それらの宿題を出しつつ
今後を一緒に考えていこうと思う。






関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ