FC2ブログ
お粥屋でビジネスプラン作りを進めているアンギ。
具体的な場所の選定に入りつつあるが
当初、彼が想像していた以上に
どの土地も高額だということが
わかりつつある。

彼の地元の街であるタンジュンサリと
そこから10Kmほど離れたところにある学生街ジャティナゴールの
2か所で現在お粥屋を開く物件を探している。
しかし、そのどちらも
高速道路建設で土地価格が跳ね上がっていて
賃貸物件だとしても
驚くほど高い。あと、とても狭い。

ジャティナゴールの物件は
大通り沿いで
3×4mで月1,500,000ルピア。
一本裏通りに入って
3×9mで月2,000,000ルピアと
どれも高い。

ではタンジュンサリはといえば、
こちらも安くはない。高速のインターができる予定で
住宅地への期待から価格がぐんぐん上がっている。
街の中心にある公園の近くで、
3×4mで年間11,000,000ルピア。
すこし町から外れた墓地の横にある賃貸は
5m×5mで年間5,000,000ルピアだとか。

他にも候補地はあるが、まぁ、似たり寄ったり。

で、とりあえずこれらの土地で
お粥屋を開いたらどれくらいの席数がとれて
どれくらいの集客を見込んでいるのか等の
計算して、これらの家賃を払いつつ
儲けが僕らの目標である月5,000,000ルピアにするには
お粥の1杯の価格やそのコンセプトも
どこに合わせたらいいのかも考えようと話し合ったのは
先月のこと。
それから1か月たって
彼が考えてきたお粥屋のレイアウト図が提出された。
しかも3Dで。
友人が建築ソフトで作ってくれたらしいのだが、
これがどう見ても10×15mもあるような
しっかりとした店舗の図だった。
彼はこの1か月食べ物屋のレイアウトのセオリーを
ネット等で勉強したようで、
テーブルの間の間隔やトイレの広さ等々を
雄弁にプレゼンしてくれたが
ちょっと待て、アンギ、こんな土地は
いったいいくらの賃貸料なんだ?と
思うくらい広々とした設計だった。

僕も素人だけど、彼らの夢のノートは
本当にもう夢満載で素人も素人の
実現不可能なことばかりを夢見るのである。
それはそれでいいのかどうかはわからんけど
少なくとも今からその業種に投資しようという人間が
やっていいことではない。
延々と3Dの図面の説明をしていたアンギだが
一言、この図面は現実的なのか?との僕の問いに
固まっていた。
このような土地が安価で手に入るわけがない。
自分の投資金額も
上限があるのだから
投資できる範囲で
損益分岐点を見出さないといけないのだ。

アンギは特に
自分が見ていたいものだけを見ようとする傾向がある。
現実を直視できない性格なんだろう。
直視を無理強いすると
泣いて帰ると1年生の時は言ってたしなぁ。

僕らのビジネスプランの指導は
こういうことの繰り返しの中で
少しずつ、本当に少しずつ進んでいくのである。
たぶん、進んでいってると思いたい。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ