FC2ブログ
今年から始まった耕志の会のマイクロクレジット。
1回目の募集では、
レンディとクスワントがプロポーザルを提出した。
それぞれに卒業生や今いる実習生からの質問攻めに耐え
無事承認された。

クスワントの事業費が約8万円。
レンディの事業費は約24万円。
ローカルスタッフのタタンとも
両氏の事業のリサーチをどのようにしていくかも確認し、
先日無事送金し、現地口座で入金が確認できた。
いよいよ始まる。

今回のマイクロクレジットは
正直言って穴だらけだと思う。
プロポーザルの作り方や
返済金の管理から計画まで
問題が山積だ。
利子が無いというのも問題だとは思うし。
ただ
実習期間で貯めたお金だけでは
投資としては不十分というのも
この10年彼らの生計調査をしていてよく解った。
卒業生のほとんどが
それぞれの生計を安定させてはいるが
農村でリーダーとなるには
次の投資を必要としているのだ。
経済成長著しいインドネシアで
農村部での少額クレジットが
今後民間や政府でどこまでなじみやすいサービスが
出てくるかは注視していかないといけないが
同時に、僕らはアジアの成長を
一層推し進めていく必要があるし、
またそれらを僕らの成長にもつなげていかないといけない。
その一つが実習修了生へのクレジットだと思っている。

入金を確認した彼らは
さっそく計画に沿って動き出す。
今後はローカルスタッフの調査で
その動きを追っていきたい。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ