FC2ブログ
先月のインドネシアでの総会後、
勉強会が復活した。
(その時のエントリーはこちら)

3月の勉強会はデデで
帰国したばかりという事もあり
日本での研究発表をそのまま行った。
4月は昨日29日に開かれ、
1期生のヘンドラが発表した。
本当の意味での勉強会復活第一回目と言っていいだろう。

再開するにあたって
会場は必ずしも彼らの母校
タンジュンサリ農業高校でなくても良いことにした。
発表者が発表したい場所にすることで
仕事の合間や
ちょっとした時間でも行えるように配慮。
参加者もグループチャットのテレビ会議で
参加する形式もOKとした。
とにかく続けられるように、との配慮だ。

ヘンドラの発表は
有機液肥の作り方だった。
バナナの木を利用して
米のとぎ汁と黒糖を使って発酵させた
有機液肥で、製造に2週間と時間もかからず
コストも安いことが魅力の方法だった。
質問では、製造についてや散布方法などに
集中していた。

こういう資材を検討する場合
まずヘンドラ自身がなぜこの資材を利用しようと
思い至ったか、そこが大事になる。
コーヒー栽培に利用するとのことだったが
収量増加か、品質向上か、
有利販売か、生産コスト削減か、
そのいずれに彼の期待値があるのかが
大事になってくる。
僕の質問で彼は、生産コスト削減の期待値が高い事と
有機コーヒーの場合、有利販売が出来ることへの
期待値が高い事を説明してくれた。
だとすると次は
実際に有利販売の価格差が、
生産コストの増減で、より利益が手元に残るかどうか、
そこを計算して判断する必要がある。
有利販売にどれくらい差があるのかという質問に
ヘンドラは高くるれるらしいという
噂の域を出ない答え方で終始した。
生産コストの計算は、その散布にかかる道具や
人件費まで含めなければいけない。
有機資材の利用の場合、散布量が多くなることや
散布の手間がかかることも多いので
人件費が慣行農業よりも高くなる傾向がある。
それについても今後の計算すると
ヘンドラは答えていた。

日本でもそうだが
農家の情報の多くは
どうしても「これだけ良いものが取れます!」だったり
「こんなにたくさん取れました!」に終始する。
だが、自分たちの市場は
その有利を指示するのかどうかと
その取扱いによるコスト高は
あまり喧伝されない。
有機農業ブームのインドネシアでは
特に冷静な経営判断と自分にとって無理のない
経営戦略にそった営農が求められる。
本当は
そこをしっかりと分かってほしかったのだけど
なんとなく僕がケチつけたような
終り方になったのは残念だった。
外国語で議論することのむずかしさもあるが
それよりも議論することで
相手も気持ちよくその指摘を受け入れられるような
話し方がより難しく思う。
勉強会は、僕にとって
その課題を乗り越えるための修業の場だと思っている。
もっとインドネシア語を磨くことと、
伝えるための単語選びを厳選しないといけないと
痛感した。
いい勉強会だった。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ