FC2ブログ
今月は、特記すべきことが無かったのではなく
特記すべきことが多すぎて
またそれらの準備と処理に追われて
まったく記録ができなかった。

少しずつ思い出しながら記録するか。
先ずは12日の愛媛松山市への出張を記録しよう。

農園では、
2020年4月より新卒もしくは中途で1名を
新採用する予定でいる。
詳しくは、農園たやのホームページのリクルート欄を
参照していただきたい。
業務拡大に向けて、というと若干違う。
結果的には業務拡大をしてくのだろうけど。
2020年に採用する人材の一番の目的は
加速するインドネシアと農園の関係を
さらに強化するためである。
入社2年後には、青年海外協力隊として
インドネシア・タンジュンサリ農業高校へ派遣も
予定されている。

さて、
愛媛大学では1年生から院生まで
十数名の学生が
農園の事業紹介のプレゼンに参加してくれた。
土曜日の午後という、
すこし気怠い時間帯ではあったが
思った以上の人数が参加してくれたことに
この会を世話していただいた先生に感謝したい。

P1120204.jpg


事業紹介は
それはそのまま僕の生き様である。
協力隊参加から大学院留学までの
迷いの中と留学中に吹っ切れたこと、
そして営農をしつつインドネシア農民子弟を育てる
という個人的な情熱を
そのまま業務と一体にして進んできた
これまでを説明した。

個人的にはもちろん
この中から2020年の新採用の応募候補が
居たらいいなぁ~とは思っていたが
それ以上に大学生に向けて
仕事はやりたいことをやったって仕事になるという事を
伝えたかった。

学生は自由だが
自由という言葉は、裏を返せば
何もないということで。
それは時としてかなり痛みのある言葉になる。
何にでもなれる、というのは幻想で
社会に出るという現実が目の前に迫ってくる中で
必死に描く空想が自分を蝕んだりもする。
僕もそんな大学生だった。

解は無いけど、
もちろんやってくるまでの道のりは不安でしかないし
いまもその不安はさらに大きくなっているのだけど
でもね、こういう生き方もあるって
伝えたかった。
それで楽になることはないだろうけどさ。

僕らのことを面白いと思ってくれる人がいたら
ぜひ一緒に仕事をしたい。
農業を通じて国際協力をする。
それが僕らの会社の存在意義でもあると思っている。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ