FC2ブログ
ヘンドラやレンディと違って
政治的なアプローチを好まない男もいる。
それがクスワント。
彼は村内政治を利用するよりも
それに批判的な立場をとるような男だ。
だから、
「まちがっても集落長や村長にならないですね」と
と調査の時に言っていた。
ま、僕から見たら君は一番の野心家だから
たぶんその時が来るまではそんなそぶりは見せないだろうけどね。

彼は農薬や肥料・種などを販売する資材屋を経営しつつ
トウモロコシとトウガラシとサツマイモの輪作で
生計を立て、
そして丁子とコーヒー栽培にも乗り出している。
奥さんも働いていて
タンジュンサリ農業高校の校内に
軽食屋を経営している。
これが彼の世帯の生計戦略。

ヘンドラやレンディのような集落長としての
毎月の役職給は無いが
農業資材屋が毎月の収入に大きく貢献してくれるのだとか。

クスワントのように
果菜類や根菜類の場合、
投資してから収入を得るまでの期間が
やや長い。
毎月の生活費や必需品の購入で
キャッシュフローが良くない場合も多く、
農家にとって毎月の安定収入は
経営安定の鍵ともなる。
それをクスワントは
農業資材屋の商売で補っている。
年間で20万円程度の利益。

一方、トウモロコシとトウガラシとサツマイモは
トータルで8万円くらいの利益。
水田での野菜栽培のため
米はこれらの利益から買ってくるとのことで
米作はしていない。
この点も、僕らが良く議論していたことを
実践に移していると言えよう。

奥さんの軽食堂は毎日100,000ルピアの利益がある。
1年で18万円ほどの利益。
かなり大きい利益といえる。
ただこのお金は奥さんの口座に入ってしまうので
クスワントは手出しは出来ないという。
夫婦で財布が別なのがちょっと新鮮で
そういえばスンダ民族(彼らの民族)の
夫婦のスタンダードな生計的役割を
僕はそれほど詳しくないことを知った。
この件は、きっと現在派遣中の立崎が
僕の代わりに良く調べてくれるだろう。

安定的な収入として
レンディもヘンドラも
集落長としての役職給をあげていたが
クスワントはそれに対して
「僕はビジネスで行きます」
というだけあって、農業資材屋と軽食屋の運営で
安定収入を得ていた。

現在、コーヒーと丁子の畑に
大金をつぎ込んでいるようだが
それが収穫が始まれば
彼の生計は飛躍的に伸びるだろう。
それこそレンディのように次のステージも
見えてくるんだと思う。

そして彼はこういう話もしてくれた。
コーヒーのブランドを持ちたい、と。
自分で加工して焙煎して
それを販売したいのだとか。
ゆくゆくはコーヒーカフェも経営したいという。
彼が実習を終え帰国前に語った夢に
カフェを開きたいというのがあった。
彼の卒業研究が丁子の流通で
その研究過程で出会ったインドのチャイに感銘を受け
「自分の丁子でチャイを提供したい」という夢があった。
丁子でチャイはやらないのかい?と聞くと
「あっ!覚えてくれていたのですね!それもやりますよ」と彼。
人懐っこい笑顔は昔のままだった。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ