FC2ブログ
夏の大量発注がひと段落し
さつまいもも掘り終え
セロリや大根の間引きも順調にこなし
すこし気分的にも余裕が出てくる昨今。
とはいえまだまだ農繁期。
年末の大量需要に向けて
農園は大量に播種をしている真っ最中。
それにもかかわらず、
今回、10/17~10/24までインドネシアへ出張をした。
これはその記録。

まずは今回の出張に協力的だった
社員みんなにお礼を言いたい。
すばらしい社員のおかげで
憂いなく出張をし、
ミッションを達成することができたからだ。

さて、
今回の出張は
いくつかの目的があった。
一つ目は、技能実習卒業生たちの活動だ。
農園で受け入れていた技能実習生の
卒業生たちが今年もグループで活動をしており
その活動がJICA基金の採択事業となったのは
以前紹介した通りだ。

そのエントリーはこちら

彼らは今、小規模コーヒー栽培のプロジェクトを行っている。
プロジェクト内容は
グループのリーダー格が
先進地2か所を訪問し
そこで得た知見を
グループや周辺住民へシェアするために
セミナーを開催。
そしてその技術や知見に沿って
生産を開始するという3段階のプロジェクト。
この2段目のセミナー2か所に参加することが
僕の一つ目のミッション。

二つ目はこれ。
今年は農園で技能実習生を受け入れて
10年目の節目の年である。
ある程度卒業生も現地で根を張り
そこそこの地位に就く人もいる。
これまでも巡回指導と称して
年に一回程度は
みんなの話を聞いてきたが
社会調査としてのインタビューまではしてこなかった。
そこで今回を節目に
詳しい調査を行う事ことを決めていた。
ただ、9人も卒業生が居て
全員を調査することは無理なので
今回はコーヒー事業を行う4名だけに焦点を当てて
調査をしてきた。
これにかなり時間がかかった。
一旦質的インタビューをするとなると
どうしても一人半日は必要になるし
その一件のノート起こしだけでも数時間を要する。
さらに卒業生は比較的近い地域にいるとは言っても
往復で7時間ほどは車移動が必要で
移動するだけも一苦労の中での調査。
おかげで体調を悪くして病院に駆け込むことになるのだけどね。

三つ目はタンジュンサリ農業高校との会談。
実は、前回の訪問から今回の訪問の間に
校長先生が新しく変わっている。
しかも
今回は学内から校長に昇格したのではなく
まったくの畑違いの教育省つながりの
他校の校長先生がスライドして
タンジュンサリ農業高校の校長になっていた。
僕たちが今まで培ってきた関係性など
まったく知らない人が
校長になっていたので
この方にしっかりとこれまでのプロセスを理解してもらう。
それが三つ目の目的だった。
ただこれはもう少し先の目的も含まれている。
現在農園のスタッフを同校へ
青年海外協力隊として派遣中だが
そのスタッフの次も僕らの農園から
派遣したいという申し出というか
ま、ズバリ言うのなら
農園とタンジュンサリ農業高校とJICAで
民間連携の案件として
派遣契約を結ぶことに同意してほしいという
ところまで突っ込んで了承を得るというのが
三つ目の最大の目的でもある。

四つ目は
その三つ目の約束事を確実にするために
JICAジャカルタ事務所に訪問して
僕らの想いを伝えると共に
事務的な日程や手続きの確認等を
担当者と行うことだった。

五つ目は
派遣したスタッフ・立崎の活動を見学すること。
ま、これは報告書を定期的にもらっているので
それほど心配はしていないのだけど
せっかく行くのだから見たいなぁって。
ただ、あまりの日程の詰まり具合に
さすがにこの五つ目のミッションだけは
全うできなかった、というのだけは
ここに記しておこう。
次回は、彼女の活動を見学したいね。

と、まぁ、
これが今回の出張の目的である。

成果については、次回に譲ろう。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ