FC2ブログ
デデの試験結果について記録しよう。
この試験は、自分たちの未来のビジネスを
構造的に分析して、その妥当性をプレゼンするというもので
まぁ、大抵は肯定的にしか分析できず
弱点や先のリスクに気が付くことはほとんどない。
構造的分析ができれば
本当はそこが見えてくるはずなのだが
僕の教え方が悪いのか
これまでほとんど出来たためしがない。

しかし、今回デデは
僕の意図にずいぶんと肉薄したプレゼンをした。

彼は自分の地域の自然要因の高地気候と
政策要因のアグロフォレストリー政策から
国有地の農地転換を利用してコーヒーやお茶栽培を
基軸としたビジネスを考えている。
現在西ジャワ州はコーヒー栽培を州政府あげて進めているが
彼はそこには手を出さない。
それはキャッシュフローがお茶の方が早いからだという。
コーヒーは補助も多いが
年に1回しか収穫できず、1回の収穫期に失敗するとリスクも高い。
お茶はあまりお金にはならないが
回転が速く、年に何度も収穫ができ
雇用の維持の視点から言えば、お茶が断然有利と見ている。
金融要因のキャッシュフローを考えている点で、
彼くらいの若さを考えれば秀逸だし
実際の経営的センスからいえば、僕も断然お茶だな。

その中で、
これまでもその地域で栽培されてきた
トウガラシやジャガイモ、キャベツも栽培品目にあげていた。
これはそれだけ取引商人も多く、市場が豊富にあり
自分たちの販路に困らないからだという。
市場的要因もよく踏まえている。

ただそれではまだ発展的とは彼は見ていない。
従来の農法や農業経営の枠から出ておらず
価格的にはうま味が少なく
これだと規模の競争に陥るだけなのだ。
そこで最近、栽培が都市周辺から
高地などの遠隔地に移りつつある
アブラナ科の葉菜類野菜に目を付けている。
この辺りはダニとも一緒だが
デデは、
「この葉菜類野菜は、まだ取り扱う中間商人が居ないのがポイントです。自分がその商人になりたいと思っています」
とのことだった。
ブローカーたちは縄張りがある。
取扱品目や地域や取引農家や、
そういう縄張りがあって
それを越境して取引する連中は
よく暴力も含めて排除される。
だが、そもそもその品目を取り扱う商人が居ないのなら
そこはブルーオーシャンだ。

ただその品目を扱うにしても
資金や運送力が肝心になる。
そして肝心な生産扱い量が少なければ
卸の商人からは、そっぽむかれてしまうだろう。
彼は運送力は、ダニと一緒に車両を買うことで解決し
資金は自分の貯めたお金やお茶の上がりを当てることにしている。
彼は日本にいながらしてすでにお茶農園の投資をしていて
かなりの成功を収めつつあり
資金は大きくないが、まわしていけるだけの体力がある。

そして
生産物の扱い量だが、
彼は
「自分でもハウスを建てて、生産量を増やして自分の農産物を中心とした買い取り農家をしたいです」
とのノタマフ。
農園でハウスのマネジメントを直に見ている彼は
とにかく何回転できるかが勝負と言うのを
説明していなくても肌で感じ取っていたようで
現地での簡易ハウス建設費と
葉菜類の回転数と収穫量を計算して
自分の葉菜類の生産量を中心として
周りの農家を衛星的な位置づけとして
ひとつの大きなビジネスを作り上げようとしていた。
それは夢物語かもしれないが
多くの日本の成功事例の発端が
同じような生産農家が販売力を活かして
衛星的な農家を集め
販売業者(卸)的な役割を持つことで
大きく前進した事実を見れば、
彼の若さで、独自にそこに到達したその感覚は
すばらしい、というどころか恐怖すらあった。
実際に彼のプレゼンを聞いていて鳥肌が立った。

彼は、よく人の面倒も見る。
彼が3年生になってから
実習生たちのまとまりもよく
一緒に出かけることも増えている。
不平を言うよりも
現状をどうすればよくなるかを考え行動する彼は
いつも全体の中心に座ることのできる
雰囲気をもっている。
そんな彼が
真剣に考えて作ったビジネスプランは
きっと大きな影響をその地域に与えるだろう。

彼と一緒に仕事をする農家は幸せだろうな。
これまでにない満足感を
僕は彼のプレゼンを聞いて味わったのだった。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ