FC2ブログ
7月の月間レポートで
フィルマンの家計がずいぶんと明らかになった。
お父さんは大工で、
仕事があったりなかったりだが、
平均すれば年間に3600万ルピアの稼ぎがある。
1カ月にすれば、300万ルピア。
公務員初任給が、それくらいなので、
まずまずの収入と言って良い。
大工仕事も個人の場合もあれば
会社の下請けで公共事業等の作業員もするらしい。
経済が伸びているインドネシアなら
建設業界はとりあえずは安心か。

それ以外にお父さんは農業もしている。
父片の親戚から農地10.5aを借りて、
米2作のトウモロコシ1作+大豆1作のローテーション。
この純利益が400万ルピア。
米は世帯の消費を支える重要な作物で
その消費を引いてもそのくらいの純利益が残るらしい。

お母さんは、近くの外国人資本の繊維工場で働いている。
この給料もそれなりで
月280万ルピア。年間で3360万ルピアの収入。
さらにお母さんはランプの部品を作る内職も
請け負っていて
それが1年で180万ルピアになるという。

世帯収入で7540万ルピア。
これが一般的なのかどうかといわれると自信はないが
十分中間層に入る収入といえるだろうか。

では、なぜこの所得把握が必要なのか。
それは彼らに世帯の所得把握をしてもらい
その上で、日本から送る生活費の送金が
妥当なのかどうかを自分で判断してもらいたかったからである。

かつて
農園で受け入れた実習生で
実習生の稼ぎの75%を家計の消費として
使ってしまった世帯があった。
生活のレベルを少し上げただけらしいが
それだけでかなりのお金を使ってしまう。
しかも少し上げた生活のレベルは
習慣化されるので、
実習生が帰国した後もなかなか生活の質を戻せず
なんども息子に無心を繰り返してきたという事例があった。
個人の家計にまで踏み込むことを避けていたことから
起きた悲劇で
俄か金持ちが陥りやすいパターンとして
ここのプログラムでは
家計にまで踏み込んで調査し
その家系の認識を実習生と一緒に共有している。
ただ、送金額が多いか少ないかは
個人の判断に任せており
こちらから口出すことはない。
大事なのは、多いか少ないかを判断するだけの
材料をそろえる事である。

来月までの課題として、
この家計を元に実家の送金額を
できれば実家の家族と話し合いをして決めるというもの。
それを引いた金額と日本で消費に使うお金を引いて
ビジネスに投資できる資金をざっくりと計算し
それを元に
何のビジネスに投資をするのかを検討に入る。
プロフィールを把握することで
自分たちの資源に気が付き
何にどのくらい投資ができるのか
その計算を彼らの肩越しにリアリティを見つめつつ行う。
なかなかうまくはいかないけど
それが10年の経験で
ようやく見えてきたやり方でもある。
このまま上手くいくといいのだけど。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ