FC2ブログ
忙しい時に
忙しいことが重なる。
これは世の常である。

この忙しく
そしてとんでもなく暑い時に限って
仕事だけでなく、それ以外の活動も
忙しくなったりもする。

梅雨明けから、
ようやくJICA基金の話も動き出した。
今年は小農の持続可能なコーヒー栽培研修&普及の
プロジェクトを
農園の実習卒業生たちが企画していて
その資金をJICA基金に出してもらうことになっている。

ただ今年は
いつもの年よりもかなり会計が厳しい。
これまで比較的にチェックが甘かったJICA基金だったが
今回からはプロポーザルの段階から
正式な相見積が必要だったり
プロジェクトの日程や参加人数などを
確定しなければいけなかったりと
やりながらどんどん大きくしていこうね、といった
曖昧なプロジェクトはダメらしい。
ま、そりゃそうか。

ただ、インドネシアの
しかも農民レベルだと
そのきっちりと初めの段階から決めて
その通りに動くというのが
現状にそぐわないというか
違和を感じるようだ。
ま、それもわかるけどね。

かくして
JICAとインドネシアの農民たちの間に
このクソ暑くてクソ忙しい時に
しっかりと板挟みになっております。
うふふ。

見積りは結構インドネシアの田舎では難しい。
見積りはとれないことないけど
正式な見積もりを取ると
それは購入の意図になるので
相見積を正式にとると
やはりそれだけで問題になったりもする。
電話で問い合わせたりだけならできるのだけど。
価格が分かる感じで書面で欲しいです、
というJICA担当者の言葉も解る。
だって書面じゃなきゃ、チェックできないしね。
この調整にずいぶんと時間がかかった。
なんせインドネシアで見積もりを取るのは
ここを卒業した農民で、
しかも、当然だけど
地域リーダーとして第一線でがんばっている子たち。
そんな子たちをつかまえて
スカイプなどで
テレビ電話をしながら
こちらの欲しい情報の指示を出す。
言うのは簡単だけど
やると結構時間もかかるし、
そもそも彼らの生活世界の中の意識に
見積り自体がないので
それがどういうモノかを説明するのにも
かなり時間がかかった。

なんどかJICAから不適切だと指摘を受け
なんとか最終的に受理されたのが
7月上旬。
そこから本契約になり、
JICAから入金されるのが7月の最終週。

だが、活動は8月上旬から予定されているので
ひとまずは、日本の僕らの自己資金で立て替えて
その資金をインドネシアに送らないといけない。

この作業もまたスムーズにはいかない。
海外送金を受ける口座はローカル銀行の
ローカル支店で、支店の行員も
ローカルな意識どっぷり。
郵便局の国際送金サービスを利用したのだけど、
それに必要な情報を現地の農家が
ローカル行員に尋ねて送ってきてくれた情報は
2回とも郵便局で不適切として受理されなかった。

インドネシアの大学院時代の知り合いに
協力を求めれば
たぶん早々に送金できたのだけど
それをしちゃうと
せっかくの農家の学びというか
そういう経験値を奪うことになる。
送金できるかどうかも大事だけど
グローバルな意識をその生活世界に埋め込むには
こうした面倒なことも
いちいち付き合っていく必要はあるわけで
暑さで削られていく中では
僕にも少し堪える作業だった。

その後、こまごまと
郵便局やローカル銀行との調整はあったが
なんとか送金は完了。
これで
小農による持続可能なコーヒー栽培の研修事業は
スタートを切れることになった。

と思う。たぶん。


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ