FC2ブログ
新しいバイトの子が入ったので
農園で歓迎BBQを開催。

そしてこういう会の時には
恒例になりつつある俳句大会も
もちろん開催。

今回で5回目の俳句大会。
一席(一位)から入選まで
投句した人たちによる互選式で決まるので
とても民主的。
さらに特別賞として園内の俳人である
テツコとたちこの賞もある。
各賞それぞれ賞金も出ることもあり
参加のモティベーションも高い。

今回はインドネシアの技能実習生全員も参加で
16名参加の合計31句が提出された。

BBQ2週間前から告知され、
1週間で投句。
その後1週間で選句。
最後BBQイベント内で、結果発表と表彰式となる。
この2週間は
農園では俳句の話題が尽きない。
何の季語にしようかとか
何を詠もうかとか
前回の賞金は何に使ったかとか
今回当たったら何買おうかとか
そんな話題。
17音の詩を編むだけで
総額28,000円が当たるのだから
やらない手はないね。
しかも投句代は無い。タダ。

さて、そんな俳句大会。
結果はなんと一席にインドネシアの研修生
デデ・ユスフが入った!

36533205_2141853532509169_1887825687813816320_n.jpg

彼は前回テツコ賞を取り
5000円の賞金をゲットしていた。
それで味をしめたようで
今回は3句を投句。
そのうちの一つが、みんなからの互選で
最高点の7点を獲得して
一席に輝いた。
外国語の日本語で詩を編み
それが日本人と競い合っても
一位になるなんて!すばらしい!

36419190_2141852419175947_6796395668400242688_n.jpg

テツコ賞に輝いたのは
なんと2月に来たアンギ!
日本語なんてあまり出来ないのに!!
3年生のデデに聞いたら
インスピレーションはアンギで
それを日本語に直したのがデデらしい。
だとしても、とても上手な句で
読んでて楽しい一句だったよ。
素晴らしい!

手軽に作れて楽しいのが俳句。
相手に映像と想いが伝わる不思議な音数。
日本人的だという人もいるけど、
どうなんだろうね。
音が日本語と良く合うんだろう。
だからインドネシアの子でも
すこし日本語を操れれば、575は案外難しくない。
あと余白を詠むのは、詩であれば
なんだってそういう部分ってあるよね。
世界共通とは言い過ぎかもしれないけど
少なくとも僕らは日本人だろうが
インドネシア人だろうが
そこに差はないということが証明された。
あ~、楽しかった。


ちなみに、俳句大会の結果は以下の通り。
これ以外に入選が5句あったがそれは割愛。

一席 汗流し自転車飛ばしたねまきだ デデ・ユスフ
二席 終わらない子らと蛙の大合唱 西本久美子
三席 メロン切るその一言でみな笑顔 龍田里子

特別賞
たちこ賞 葉桜やあの子に言わぬことありて 田谷悠
テツコ賞 スーパーで苺をみたら欲しくなる アンギ・ウルマン


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ