FC2ブログ
ちょっと前の事。
農林高校の
担当者が来園。

農園のスタッフ立崎が
来月インドネシアに協力隊として
タンジュンサリ農業高校に赴任するわけだけど
それをきっかけに
少々下火になってきている交流のテコ入れを
しようぜ!と画策している。
ま、僕の儲けにはならない話だけど。
(最近、このフレーズは決まり文句のようで知り合いから先に言われることがある)

タンジュンサリと福農は相互に
訪問活動を行っているのだけど
ここ数年、タンジュンサリ農業高校は
来日できていない。
今まで農水省から拠点高校として
潤沢にもらっていた予算が
教育省への管轄移管によって
一気に削られてしまったというのが
その理由のようだ。
だたこれはまだ詳しいことは解らないので
立崎が赴任後にリサーチする予定。

で、あちらが来なくなったからと言って
こちらが行かないという理由もないと思うのだが
なぜか福農側もあちらに赴かないまま
数年を過ごしてしまっている。
そんな状況。

福農の担当者とは
とりあえず動き出すために
両校のトップ同士が直接話し合う場を設けて
これからの方針を確かめ合う事が
必要だろうと一致した。
直接会うと言っても
予算の無いタンジュンサリや
忙しい福農の校長では
なかなか日程が決まらないまま
また日を過ごしそうなので、
僕が2月にタンジュンサリを訪問し
その時にスカイプで直接会談を手配しようとなった。

方針の土台はこれから作り上げるが
案としては、次のようなものが考えられる。
①両校で同じテーマの研究を行う。
②スカイプを通じての交流
③福農からのインドネシア訪問

①は協力隊スタッフが居るので、
グローバルな視点や同じ主食のコメなどを
テーマにしてそれぞれの違いや
グローバルな問題点を感じられるような
そんなテーマで両校の学生が研究するのは
どうだろうという話になった。
違いを理解し合うというところから入るってわけ。

②は立崎が福農に授業をするスタイルを想定。
数名の学生同士の交流にするのか
また全学年の全教室にカリキュラムとして入れるのかは
当事者で話し合うことに。

③訪問は続けた方が良いと思う。
やはりどちらかが行くような形をとらないと
交流にならない。

で、事前に両校の校長先生に対して
話し合いを進めて
2月のトップ会談でGOサインを出してもらえれば
両校の先生が自由に動けることになる。
立崎も仕事がしやすくなる。

ということで話し合いは決着。
12月に福農の校長と話し合いをして
内容を詰めることに。
立崎は赴任した後
僕が行く2月までにあちらの校長先生に
すこし話をつけておくことに。
ま、僕も1月くらいにスカイプで
あちらの校長と直接話し合う機会を
設けようとは思うけどね。

ああ、すっごく楽しみになってきたねぇ。
あ、でも、今度は
僕はあまり出しゃばらないようにします。
20年前のような
同じ轍は踏まないように、踏まないように。
そう念じながら行こう。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ