FC2ブログ
09 30
2017

こんな日がいつかくるといいな、と思ってた。
それは俳句の話。

テレビで有名な夏井いつきという俳人がいる。
僕は、あまりテレビを見ないから
プレバトの存在は知っていたけど
あんまりその俳人のことは知らなかった。
NHK俳句の選者を昨年から務め、
それで僕の知るところとなったのだが
この方、かなり面白い。
喋り口調もそうだが、それ以上に
情熱のある語りと俳人らしいフレーズの切り方
その辺りに強く惹かれ
いつの間にやら、夏井いつきが主宰している雑誌や
出演しているラジオや
ネット句会まで参加するようになっていた。
俳句集団いつき組を主宰しているので
彼女の事をみな「組長!」と呼ぶ。

組長が出演している一句一遊というラジオ番組、
最近組長人気で投句数がやたらと増えているらしく
僕もどうやらその一因なのだが、
昨年の10月から欠かさず毎回投句している。
月から金曜日の放送で
日を追うごとに秀句になるというシステム(木曜日はお便り)。
金曜日がいわゆる入選句で、
その中で一つ特選として天が選ばれる。
ひとつの兼題に対し
何千という(たぶんだけど)俳句が投句され、
その中から1つだけ
栄誉ある天を受けることができるのである。
金曜日の入選は10句だけなので
金曜日に残るだけでもすごいことなのだ。
実際この1年で僕は2回だけ金曜日に残ったが
あとはほぼほぼ水曜日。
というか没の方が多いという状況だった。

それが
「宗太鰹」の兼題の週で
なんと、僕の句が天に入ったのである!
以下、組長のコメント。
文面は聞き書き隊の方々のものを転用。
聞き書き隊の皆さまいつもありがとうございます。

「今日はこの人に譲ってやってください。福井から参加しております。ラジコプレミアムでずっと聞いております、テツコの一句です。

『天』  二番競りの目当ての宗太鰹かな  福井・テツコ

これ「二番競り」ってのがどういう意味かっていうとですね、近海で獲れた地場の魚を二番めに競るわけですね。その二番めの競りってときにたまに宗太鰹が揚ってたりして、あっこれ刺身で食べれる、もうやったー・・みたいな感じになるわけですよね。宗太鰹ほかの魚でもいいんじゃないかみたいな句もたくさんあったんですが、これ「二番競り」を目当てに宗太鰹を目当てに魚市場に足を運ぶというそこのところに、テツコの工夫があったんじゃないかなとそこんところを褒めたいと思います。」

1年で夢のような天。
あああ、俳句とはどうしてこんなに面白いのだろう。




関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ