FC2ブログ
妻が熱を出した。
39度の高熱。
高熱を出すことが珍しい人なので
やや心配で、
医者に連れて行った。
じつは前日も妻は風邪だと思い
医者に行っていてた。
その時は熱が無かったので
新しい症状も出てるし
それが尋常じゃないくらい高熱で
1日寝ても下がる気配もないので
同じ医者に連れて行った。
その時の出来事。

医者は
「今使っている薬の効果は1日では出ません。薬の効果があるかどうかをみないといけないので、その薬を飲み続けてもらうしかない」という。
ま、それ自体はある程度正当だと思う。
ただ昨日診察した時には全くなかった症状の
高熱をどうにかしてほしいと思いやって来たので
熱を下げる薬が欲しいと希望をした。
この辺りから医者の態度が
あきらかにおかしくなる。
「いったいどんな薬が欲しいのですか」
と声を荒げるのだ。
それはこちらは素人なので解らない、
診察まで1時間半もまって疲れ果てているから
はやく楽にしてやってほしい、と伝えたが
それが完全に引き金を引いてしまった。
医者は小刻みに震えだし、
はた目から見ても怒り心頭という体なのだ。
たしかに1時間半という時間の長さを
言葉に入れたのは
客観的事実だとしても
この文脈ではイチャモンと取れないこともない。
僕としてはただ、
それだけ疲れていることを言いたかったのだけど。。。
どの薬が欲しいのか!と声を荒げる医者に
ちょっと不用意だけど点滴っていうのもありますよね
と言ったのがさらに火に油を注いだ。
「他の患者さんには点滴をして、彼女にはしないと思っているのですか!」
もう手が付けられない。
で、高熱の理由として
妻が先週までインドネシアに出張していたことも
関係するのかもしれないと話した。
昨日の時には熱が無かったので
そんな話は妻はしていないというので
付帯情報として
判断をより正確にできるように
と伝えたつもりだが
それが、もうこの医者には理解できないほど
怒りまくっていたのだろう。
「感染症の治療もしていたんです、僕は。旦那さん、つまりは、デング熱とでも言いたいんですか!もしデング熱だからって何ができますか?それはお気の毒で、頑張ってくださいしかないです」
いやぁ、もう我が耳を疑ったね。
デング熱かどうかは良いんです、そんなことじゃなくて
と言葉をつなげるのだけど
この医者はもう途中から
被害妄想に捉われてしまっている。
怒りで小刻みに震えているのは止まらないし。
こうなると、正直、怖い。
点滴をしろとも言わないし、
検査しろとも言っていないし、
熱を下げる薬だけ欲しい、
それだけを伝えるのだが、
「僕はもうこの患者を診ることはできない。紹介状が欲しいのなら書くから、他の病院に行ってくれ!」
だって。
え!?それって医療拒否!???
この病院ってそれだけはしないはずだよね。
組合員さんに寄り添っていく病院だよね。
僕知っているよ、この病院の理念。
それに賛同するから僕も出資してるんだよ。
忙しくて、昨日も来たのに薬効かないと文句を言いに来たやつだと
もしかして決めつけてない???
違うよ、症状が明らかに重症化しているから
心配でやってきただけだよ。
だのに、ろくにダイアログしないでさ、
一方的に捲し立てるのってどう?
医療現場で医者は絶対的権力を
持っている。
素人にいちいち説明できないかもしれないし
そんなことに時間を割かれることに
またそれをにわか仕込みの知識の反論に
自分を削られてしまっているのかもしれない。
そういう現場には同情はするが
39度の熱を出している人間を前に
批判でもない言葉に
いちいち突っかかって怒りをぶつけられても
診察室で権力の無い僕ら患者は
どうすればいいのさ、いったい。

医者は怒り狂ったまま
「僕は診ない!」と宣言して
処置室を
出て行ってしまった。

途中から医者の様子がおかしかったので
看護師を呼んだのだが
その方が他の医者へ連絡をしてくれて
しばらくおまちくださいだって。
その後、さらに1時間以上待って
妻はなんとか検査を受け
医師の判断で点滴を受けることなった。

しかし、
医者はそんなに大変なのか。
十分休めているのだろうか?
僕の現場でも
この夏、ずいぶんと疲弊して
普段は気のいい連中だったスタッフも
ずいぶんとぎすぎすしていたのを思い出す。
心に余裕って大事だ。
で、医者は10分程度の診察に
知らない人と対話をして
出来る限り正解に近いものを
導き出さないといけない。
だから、怒り狂った医者は
「感染症の疑いって言って、あとでそれが分かれば僕らを訴えるんでしょう!」と
考えもしなかったことを口走っていた。
僕は医療の専門家でもないし
あなたの権威を傷つけたいわけでもない。
ましてや訴えたいわけでもない。
目の前の39度の妻を
どうにか楽にしてあげたい、
ただそれだけだ。
でもたぶん心の余裕のない人間には
その10分のダイアログは
苦痛でしかないのだろう。

人に向き不向きはあると思うが
それは努力次第だと思う。
心の余裕は自分では作れない時もあろう。
だからといって
怒りは自己防衛でしかなく
この場合、妻の高熱はとまらない。
あまつさえ、医療拒否なんて。
医者として、それはありなのだろうか?
こういうケースは体験したことが無いので
もし読者でこういうケースに詳しい方が居れば
ご教授いただきたい。


Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ