インドネシア研修生で
今年が最終年のイマンくん。
帰国後のビジネスをより具体化するために
必要な資材や機材の見積もりを
本国の業者から
ここ最近取り寄せている。
それを月間レポートにまとめて
発表してくれた。

彼は帰国後
地域の富裕層に野菜の直販を
しようと計画している。
主には県や郡、村などの行政事務所や
病院、学校と言った場所を巡り
公務員相手に野菜の注文と販売を
行っていきたいと考えているようだ。
そこで必要となってくるのが
次の3つの機材。
「トラック」「予冷庫」「トラクター」。
農業の近代化の三種の神器ってか。

トラックは、
行政事務所や学校まで野菜を売るための足。
予冷庫は、
これが無ければ公務員の仕事後の
買い物時間までに収穫と調整を朝一から
やって間に合わせないといけない。
予冷庫があれば、前日収穫したものを
翌日は販売に専念できたりもする。
トラクターは
耕作効率を上げるためには必須。
乗用ではなくハンドトラクターを考えている。
というのも
田畑に向かう農道がほとんどなく
田越しにトラクターを移動させなければならない。
そんなこともあってか
乗用のトラクターは
インドネシアの特に研修生たちの故郷である
スマランなどの中山間地では
ほとんど見かけない。
というかハンドトラクターも見かけないけど。

問題は、
これらがすべてを初めから
そろえられないということ。
トラックは100万くらいするし
冷蔵庫も100万。
トラクターは20万程度。
で、研修生たちが貯められるお金は
大体150万程度。
他に農地購入にもお金を使うので、
思ったよりもお金はたまらないのが
現状。
なので、ビジネスを進めながら順次
これら機材を買うというのだが、
その順番はどうするのか。

2年生のデデは、
トラクターだという。
生産を安定させないと販売は難しいと
考えているようだ。
うーん、まだまだ勉強が足りないね。
僕だったらトラックだな。
足が無ければ販売は出来ない。
直販は機動力が成功の鍵。
そしてトラクターは生産効率は上がっても
それで単価は保証しないし
農業以外には使えない機材。
でもトラックはならば輸送業もできるし
便利屋的な仕事も請け負える。
直販の帰りに
魚や肉や日用品を買い込んで
地元の村々で販売することも可能だしね。
儲けを一番出すのはトラックでしょう。
で、次が予冷庫。
これが手に入れば、完全に他の農家との
差を決定的にできる。
魚や肉も鮮度が持つので
地元商店としてもずいぶんと有利になるしね。
成功したビジネスの上がりで
トラクターはそのうち買えばいい。
人件費が相対的に安いので
耕起の人手に困ることはないから
今はあわてなくても良いかな。
ただ、安定供給は必須なので
どこかで生産体制は見直さないといけないだろうけど
それはもう少し先だ。
生産から考えがちの農家は
この辺りを良く間違える。
だから、スタートが切れなかったりもするんだけど
イマン君はどうだろうか?



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ