記録をさぼっていたけど
句会は休まず毎回出席していた。
1月はぱっとしない結果だったが
途中退席した2月は
ベテランの方々から僕の句が
沢山特選をいただいたらしい。
こういう会を途中退席してしまい
みんなの鑑賞が聞けなかったのが
かなり残念。
俳句はやっぱり
座の文学で、
その場でそれぞれの鑑賞があって
初めて、一句が完成する。
だから、入選や佳作だけを知らせてくる
俳句番組やコンクールも
それはそれで楽しいけど
句会はもっとライブ感を楽しめる
とても良い場だと思うな。
ただ、ダメな句の場合、結構厳しいこと言われるけど・・・。

今回3月の句会では
誰の特選もいただけなかったけど
入選の数では、一番たくさんもらった。
先生の直しも入って
句全体もすっきりとしてまとまったかなぁ、と思う。

   畦塗るや太白星の光るまで 徹

2月の句も記録しておくか。

  一粒を巨体丸めて種蒔きぬ 徹

農業のちょっとした風景を
今年は俳句で切り取っていこうかと思う。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ