娘が小学校の宿題に
コメントが欲しいとノートを持ってきた。
この後期(娘の学校は二学期制)に
頑張ったことなどが書かれてきたが
冒頭に将来の夢が書かれていた。
そこには
インドネシアに青年海外協力隊で行って、文化とか勉強したい
と書かれていた。

この環境で育てば
自然にそうなるのだろうか。
この時期に思った将来は
かなり自分のこれから歩む道に影響したりする。
少なくとも自分はそうだった。

まだまだ紆余曲折あるだろうけど
青年海外協力隊に行きたいと
外に目を向けるその姿勢が
僕はとにかくうれしかった。

関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ