まず、純粋にこの旅は楽しかった。
1期生のヘンドラから7期生のレンディまで
カリマンタンに行ってしまったカダルスマン以外の
7名全員がマラン・バトゥの街に揃った。
まるで夢みたい。

農業研修なんてしても
結局、それぞれ農業以外の儲かる仕事に
就くのかもしれない。
そんな想像は常にあった。
農業なんて儲からない、と出来る奴であればあるほど
離れていくのだからしょうがない。
それは彼らがそれだけ優秀だったんだと
まだ始まってもいない未来を
勝手に想像して自分に言い聞かせていたころもあった。
でもなんだかんだあっても
農業研修を受けた連中は
地域のリーダーになるために
一心に営農とその壁にぶつかっていった。
その深度は
彼らの目じりのしわや
ただでさえ黒い肌がより黒くなっていることで
容易に想像できた。

今回の旅は
大学院で同級生だった現在大学教員のアニに
コーディネートを頼んでいた。
彼女には1期生から現在まで
村落ポテンシャル調査を依頼している。
彼女にとっても
研修卒業生たちは自分の弟
もしくは息子のような存在らしい。

彼女の提案した訪問先は
大きく3つに分かれていた。
老舗の観光農園グループ、
野心的なブローカーを中心に集まった若手のリンゴ農家集団、
そしてカリスマ農業者を中心に
大規模化している農家グループ。

これらについてひとつひとつ僕の目線で書いても良いのだが
来週中にも彼らから報告書が上がってくる予定なので
それをもらってから彼らの肩越しに書くことにしようか。

今回の旅では、
卒業生たちは
とにかく質問はそのグループの成り立ち、
どうやって市場を見つけたのか、その出会い方、
グループの運営の仕方、
といったマネジメントの部分に特化していた。
リンゴやキノコといった品目が栽培したいわけじゃない。
だからその栽培技術云々は特に
彼らの関心ごとではなく、
そこに至るプロセスの分析に集中していた。
現状を分析し
歴史を知り
その成り立っている要因と生態を浮き彫りにして
未来を想像し、そしてそうなるように創造する。
これが僕の研修の肝だった。
だから、それが少々いびつで
少々出来が悪い感じもしないでもないが
彼らの質問と視点からその姿勢が
うかがえたことが
とても嬉しかった。
あとは運があれば、きっとうまくいくだろうな。
彼らの報告書が楽しみでならない。

次回に続く


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ