農園のインドネシア実習生たちの
将来の夢に少し変化が生まれ始めたので
記録しようかな。

まずはイマン。
今年が3年生になる年。
これまでの紆余曲折は
また記録するとして、
今回は彼の計画に面白い変化があった。

彼との帰国後のビジネスプラン作りは
雇用を考える農業から始まり、
野菜栽培を中心の置く農業のカタチ、
そして販路として上中間層にターゲットを置いた
公務員の事務所での移動販売と
いろいろと議論を重ねてきた。

彼とはちょっとしたことでの関係悪化から
こちらのアドバイスに耳を貸さない時期も
けっこう長かったのだが、
最近、それも氷解し
勉学も意欲もいよいよ進む時期に入ってきた。

さて、今回の大きな変化は
彼が「米作をやめる」と言い出したことだ。
彼が1年の時に
僕は「米作をやめれば」とアドバイスをしたことがあった。
エントリー:それじゃ、搾取だぜ、イマンよ

その時は冗談だと思われて
流されてしまったが
それが1年くらいかかって
ようやく彼の中に浸透したように思う。
彼の計画では
上中間層への販売として公務員事務所への
野菜の移動販売を考えており
通年で安定した供給を目指すために
地域で野菜作りのグループ化を進める。
その核として仲間を引っ張っていくためにも
自分は米作を捨て、野菜専一の農家になるのだという。
この計画に当然
3年のレンディや1年のデデは噛みついた。
米作を捨てるのはリスクが大きいのじゃないかって。
野菜作りのメンバーは米作をしながらの野菜作りで
かまわないが
自分は野菜だけにして特化することで
儲けを大きくさせたいと答えてくれた。

米作をやめるというのは
米食のスンダ人農家にとっては
かなり勇気のいることで
その生態的また文化的に
また農業経営思想的に米作は重要かつ
中心的な存在だ。
それを全部やめてしまおうっていうのだから
この変化は大きい。
ギアツのいう「文化コア」をその生産様式をもってして
大きく変容させようというのだからね。
たぶん、彼がこの場に来なければ
きっとこんな視点は持ちえなかっただろう。
またそれをして食糧自給の観点よりも
資本の蓄積と再投資のより
資本主義的な視点を得るだけの
時代にインドネシアがあるということでもあるのだろう。

他産業が伸びていく中で
近隣の都市を市場として
上中間層の健康志向や
多様になる食文化の変化を受けて
彼らの農業は
自給的なリスク回避の農業から
より冒険的な換金作物中心の
農業へと変化していこうとしている。

これらのどちらがいいのかは
その技術をその時代の文脈から切り離して語ることは出来ず、
それは社会や文化と切り離して
純粋に技術進歩をもってして
その社会の問題を解決できると思っていることと同じくらい
近視眼的な思考と言えるだろう。
ただ時代の変化に合わせて
自らを変化させていけることができることが
この場合は重要なのである。

僕が彼らの教育の目標としている
「考える農民」とは
まさに今回のイマンのような
その姿勢をいうのだ。

イマンよ、米作なんて捨てちまおうぜ!


関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ