今年も暮れようとしている。
名残の空を眺めつつ
今年一年の自分の周りでおきた事象も
眺めてみようか。

10位『娘、スイミングでブルーキャップ』
まずは家族ネタで。
子供が生まれたら水泳に通わせようと思っていた。
自分もそうだったから。
何をするにもイマイチ自信が持てなかった少年時代に
この水泳というものがどれだけ自分に
自信を与えてくれたか。
娘も同じように小さい時
水に顔を付けられないほどの金槌。
その彼女も、一番上のクラスの
ブルーキャップを身につけるようになった。
少しずつだけど
自分に欲を持つようになっている。
欲が出れば、君はとても素晴らしい活動を
将来するとパパは信じているよ。

9位『妻、研究科長に内定』
家族ネタもうひとつ。
妻は日本福祉大学で働いている。
その妻が、その大学の大学院の研究科長になる。
それはとてもすごいこと。
大学院を出ても
研究職で飯を食っていくのは難しい。
僕も一時期はそんな未来を想像することもあったが
狭き門で、早々に諦めた。
妻は、出会ったころは大学院生だった。
大学の研究職に就きたいという考えはあったが
やはり狭き門で苦労をしていたのを思い出す。
その重ねに重ねた苦労が実をつけ、
来年、研究科長になる。
重責と仕事が増えることに妻は
やや乗り気ではないようだが、
一体、どれだけの大学院生が
その職に就けるというのだろうか、
ということを考えれば、贅沢な悩みだと僕は思う。
国際開発学会の理事も務め
どんどん偉くなる妻。
置いていかれないようにしないとな。

8位『新人採用』
今年も新人を採用した。
日立化学をやめて、農業の勉強を1年した男性。
あだ名はもっちゃん。
筑波の大学院を出ていて
真面目で勤勉。
僕にない物をたくさん持っている。
生真面目すぎて、やや融通に欠けるかな、と
思わないでもないが
その点が僕はとくに気に入っている。
どんどん優秀な人材が集まってくるので、
何かビッグバン的に面白いことが
ここから弾けて始まる、そんな予感が
彼が来てからは感じるようになった。

7位『レンディ、イマン、そしてデデ』
1年生の時にずいぶんと手を焼いたジャジャンが帰り、
その代わりにデデがやって来た。
インドネシア技能実習生の話。
デデは、エントリーにもある通り
この実習プログラムで来たイルファン(2期生)と同郷だ。
イルファンが来たのを見て、ここに来たくて
進学も就職もそれに向けて準備して、
そしてここにやって来た。
10年近くも農業プログラムをやると
そんな人材もでてくるってことか。
レンディはレンディでそれなりだけど
面白い卒業研究をしている。
インドネシア農業の機械化を実際にコスト計算するというもので
これからの農業の変化に
インパクトになると思っている。
イマンは、中だるみをして
ややモティベーションを欠いたけど
なんとか今は持ち直して
誰よりも勉強をし始めた。
これまで見てきた実習生の中で
一番優秀と僕は思っているので
その彼が努力を始めると面白いことが起きると信じている。
すでに移動販売という帰国後の
夢が形になりつつある。
今年一番ダメになって一番伸びた子かもね。

6位『うちの二枚看板』
農業を始めた頃
いろんな方から「パートナーを見つけなさい」と
助言を受けた。
その時はイメージがつかなかったけど
今なら、うちのやっちゃんとたかちゃんがそうだと
強く言える。
それくらいにこの二人は成長した。
対外的にも
やっちゃんは4Hの発表で北陸大会まで行き、
たかちゃんは野菜ソムリエで名をあげてきている。
どこに出しても恥ずかしくない二人。
栽培や管理やマネジメントにも
手を抜かず
僕らのチーム力は今年格段に上がったと思う。
優秀な人材に負けないように
僕も一所懸命ここでがんばろう。
そう思える仲間に出会えたなぁ、と思う名残の空。

5位『JA福井市青壮年部の活動』
試運転だった1年目を切り抜け
2年目に入った青壮年部の部長の役。
地域の変革の主体は、そこに根差す組織であるという
持論を実践すべく、
不活性化しつつあるこの組織を動かしてみようと
気張った1年だった。
25支部883名の盟友が所属する組織で
その図体の大きさからか、動きは鈍い。
支部長合同会議では、ほとんどが欠席するという有様なので
今年は本体の役員を引き連れて
地区ブロックを回りながら会議もした。
みんなが参加できる活動を増やし
資金も潤沢に投入した。
その結果、見えてきたモノは、
やる気のあるコアメンバーの消耗だった。
出てこない人は、何をしても出てこない。
この組織に僕は一体何ができるんだろう?
そんなことに頭を悩ました。
地域を創る。そんなことを命題にして
これまで突っ走ってきた。
その主体は、既存の組織だ、と自分の学問は言う。
だから、新しい組織を作って活気ある形で
活動するのもありなんだろうが
それをせず、あえて火中の栗を拾いに行った。
ただ結果は出ない。
来年で部長職は最後。
どうすっかなぁ。

4位『インドネシアの研修卒業生たちの勉強会始まる』
正月にインドネシアを訪れた時、
卒業生たちと
農業支援事業を前提として
その勉強会をしようと話し合った。
その勉強会が今年の1月からスタートし
1年間やり続けた。
内容はまだまだ充実しないし
方向性も見えていないけど
農業の情報を共有する場がない現状を
少しでも変えてくれたのではないかと思う。
僕らには4Hクラブや農協の青壮年部があるが
彼らにはそういう農業の若手の組織が無い。
この勉強会が、そういう組織として動き出すといいなと思う。
どういう変化が起きるかは
過度な期待は禁物だし
焦りも禁物だが
ここを起点に
インドネシアの農村開発に僕は動き出そうと
思っている。
10年前に思い描いた空想のお話が
今年、実際に動き出したというお話。

3位『青年海外協力隊に応募』
技能実習生の派遣で一緒に地域づくりの主体として
活動してきたタンジュンサリ農業高校に
青年海外協力隊の案件が、今年立ち上がった。
そこに農園のスタッフ、すーちゃんが挑んでいる。
なんとか1次試験をパスし、来年早々に2次試験に臨む。
農園に関係した子が
これまで何人か協力隊に参加した。
今年帰ってきた北野は、そういう意味では
僕の弟子としては協力隊第一号というのは余談。
今回は、インドネシアのこれまで関係を強めてきた
職場への派遣で、
この経験がその後の農園とインドネシア農業を
大きく変える転機になると僕は思っている。
卒業生たちの勉強会も始まりつつあるこの時期に
彼女を協力隊員として派遣できれば
きっとあっちでもビッグバンが起きるに違いない。

2位『JICA基金の採択事業に!』
こういう風にたたみかけるのは
僕の特徴かもしれない。
勉強会が立ち上がって、
協力隊案件が出て、
そしてそこへ実習卒業生たちの団体を支援するために
JICA基金へ助成を申請し
その採択事業になった。
これで現地でスタディーツアーや農業セミナーを開ける。
事務所機能も強化したので
スカイプでの会議もスムーズになった。
こっちでやっている講義を
向こうとつないでやることも予定している。
この活動がどう結実をするのかは
まったく見えていないけど
僕だけでなく係る卒業生たちも
もうわくわくが止まらない、そんな1年だった。

1位『俳句はじめました』
今年はたぶん
自分の趣味という意味でも
大きな転機だったように思う。
これまで趣味らしい趣味は無かった。
読書だったり料理だったりと言ってきたけど
なんだかそんなの趣味じゃないなとも思っていた。
そんな中で
17音の文学に魅せられた。
正直、自分でもへたくそだと思うけど
福井県の俳人協会の会長さんが主催する句会に
なんとか入れてもらい
この1年間、がんばってみた。
俳句に自分の思考の半分以上を
注ぎ込んだと思う。
句会以外に大会や投句機会も増え、
毎月100句ほど練り上げている。
まだまだ上手くはないが
なんとか賞もいただいたし
ラジオやネットの句会でも
上位に入ったりもしている。
インドネシアの事とは
全く関係しないこの趣味は、
僕に余白の時間を与えてくれた。
自然をどう眺めればいいのか
そんな視点と余裕を農作業の中に
生み出してくれた。
大きな目標や夢があっても
日々の忙しさに追われるように
人は暮らしてしまうものだ。
それにまったをかけてくれるのが
ぼくにとっては俳句だった。
この余裕と視点が
今年はとても心地よかった。


本業の農業とは関係のない事ばかりのような
そんな1年だったかもしれないが
もともとこういう活動をしたくて
農業という仕事を選んだ。
何かを生産する仕事は
それだけでとてもクリエイティブだが
その過程で自分の生活や周りの出来事や
そんなざったなものを巻き込んで
地域を創り上げていく。
その地域はグローバルなこの時代では
係わる人々の意識次第で
国境を越え
影響を与え合う存在になる。
僕は協力隊の後のインドネシアの大学院で
あの小さく暗いアパートの自室で
そんな夢想を抱いていた。
それが10年の時を経て
今年、その片鱗がようやく現実として
見えてきたように思う。
ただストレスフルな活動も多く
日々の仕事がモノクロになりつつあった。
それに色を添えてくれたのが俳句だった。
そうなるべくして
いまそうしている。
今年はそんな1年の過ごし方だった。
こんな幸せな1年は、もうそうはないかもな。
と、暮れゆく名残の空を眺めオモフ。



関連記事
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ